国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

韓国文化にやさしい嗅覚機能検査の開発と診断カットオフ値の最適化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Exp Otorhinolaryngol.2020 Jul;ceo.2020.00864. doi: 10.21053/ceo.2020.00864.Epub 2020-07-17.

韓国文化にやさしい嗅覚機能検査の開発と診断カットオフ値の最適化

Development of a Korean Culture-Friendly Olfactory Function Test and Optimization of a Diagnostic Cutoff Value.

  • Jong-Gyun Ha
  • Jinwon Kim
  • Jae Sung Nam
  • Jeong Jin Park
  • Hyung-Ju Cho
  • Joo-Heon Yoon
  • Chang-Hoon Kim
PMID: 32668827 DOI: 10.21053/ceo.2020.00864.

抄録

目的:

嗅覚能力を評価する際には、文化的な親しみやすさと安全性を考慮する必要があります。YSK嗅覚機能検査(YOF)は、韓国人にとって文化的に馴染みのある嗅覚物質を用いた新しい嗅覚機能検査です。

Objectives: Cultural familiarity and safety must be considered when assessing olfactory ability. The YSK olfactory function (YOF) test is a new olfactory function test using culturally familiar odorants to Koreans.

方法:

嗅覚機能検査は、閾値(T)、識別力(D)、識別力(I)の3つの項目から構成されている。識別テストでは、8つの普遍的な8つの香りと4つの韓国文化に親和的な4つの香りが含まれており、8つの主要な機能群を考慮して選択されました。データは19歳以上の被験者1,127人から得た。被験者は、自己申告した嗅覚機能により、正常嗅覚(n=542)、低嗅覚(n=472)、無嗅覚(n=113)に分類された。YOFテストと韓国版スニッフィングスティックテスト(KVSS-II)を同日に無作為に実施した。無嗅覚および低嗅覚の診断カットオフは、ユーデン指数(J)を用いて算出した。

Methods: The YOF test comprises three subtests for threshold (T), discrimination (D), and identification (I). The identification test included eight universal and four Korean culture-friendly odorants, which were selected considering eight major functional groups. Data were obtained from 1,127 subjects over 19 years old. Subjects were classified as having normosmia (n=542), hyposmia (n=472), and anosmia (n=113) by self-reported olfactory function. The YOF test and the Korean version of the Sniffin' stick test (KVSS-II) were performed on the same day in random order. Diagnostic cutoffs for anosmia and hyposmia were calculated using the Youden index (J).

結果:

各T/D/Iサブテストの平均値とTDIスコアの合計値は以下の通りであった:ノルモスミア(T, 4.6±2.3; D, 8.6±2.1; I, 11.1±1.7; TDIスコア, 24.2±4.5),低オスミア(T, 3.3±xB1;2.2; D, 7.1±1.7; TDIスコア, 24.2±4.5)、低オスミア(T、3.3±2.2;D、7.1±2.5;I、9.2±3.1;TDIスコア、19.5±6.4)、および無オスミア(T、1.7±1.2;D、5.1±2.5;I、5.0±3.2;TDIスコア、11.8±5.6)を示した。YOF検査とKVSS-IIの相関係数はT,D,I,TDIそれぞれ0.57,0.65,0.80,0.86であった(P<0.001)。その結果,無汗症はTDIスコア≦14.5(J=0.67),低汗症は14.5(TDIスコア≦21.0(J=0.38)であった.その結果,YOF法の診断効果(曲線下面積0.88)はKVSS-II法と同等であった(AUC, 0.88; P=0.843; DeLong法).

Results: The mean values for each T/D/I subtest and the total TDI score were as follows: normosmia (T, 4.6±2.3; D, 8.6±2.1; I, 11.1±1.7; TDI score, 24.2±4.5); hyposmia (T, 3.3±2.2; D, 7.1±2.5; I, 9.2±3.1; TDI score, 19.5±6.4); and anosmia (T, 1.7±1.2; D, 5.1±2.5; I, 5.0±3.2; TDI score, 11.8±5.6). The correlation coefficients between the YOF test and KVSS-II were 0.57, 0.65, 0.80, and 0.86 for T, D, I, and the TDI score, respectively (P<0.001). The diagnostic cutoffs were a TDI score ≤14.5 (J=0.67) for anosmia and 14.5(TDI score ≤21.0 (J=0.38) for hyposmia. The diagnostic efficacy of the YOF test (area under the curve [AUC], 0.88) was equivalent to that of the KVSS-II (AUC, 0.88; P=0.843; DeLong method).

結論:

YOF試験は、安全で韓国文化に親和性のある嗅覚試験であり、従来の嗅覚試験と同等の有効性を示した。従来の嗅覚機能検査と同等の有効性を示しました。さらに、YOF法は、嗅覚障害のある患者に対して、より包括的な解釈を可能にする可能性があると考えられる。

Conclusion: The YOF test is a new olfactory test using safe and Korean culture-friendly odorants. It showed equivalent validity with the conventional olfactory function test. Furthermore, the YOF test provides information on the major functional groups of odorants, potentially enabling a more comprehensive interpretation for patients with olfactory disorders.