会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ビリニュスにおける大気汚染と学童の喘息との関連性(母集団研究) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicina (Kaunas).2020 Jul;56(7). E346. doi: 10.3390/medicina56070346.Epub 2020-07-13.

ビリニュスにおける大気汚染と学童の喘息との関連性(母集団研究)

Residential Links to Air Pollution and School Children with Asthma in Vilnius (Population Study).

  • Sarunas Alasauskas
  • Ruta Ustinaviciene
  • Mindaugas Kavaliauskas
PMID: 32668717 DOI: 10.3390/medicina56070346.

抄録

小集団におけるPM、PM、NO、CO、SO、B[a]Pへの曝露が健康に及ぼす悪影響については、多くの研究が行われてきた。本研究の主な目的は、地理情報システム分析ツールを用いて、ヴィリニュス(リトアニア)の7~17歳の学童の膨大な集団全体について、大気汚染と喘息の診断との関連を探ることであった。 研究では、51,235人の児童集団が対象となった。この膨大なデータベースから、喘息診断J45(ICD-10 AM)を有する児童を同定した。模擬大気汚染マップから、ArcGIS 空間解析ツールを用いて、住宅の汚染濃度と道路や緑地への近接度を求めた。多段階ロジスティック回帰を用いて、大気汚染濃度と喘息の子どもたちが生活していた道路や緑地への近接度との関係を探った。さらに、変数間の相互作用を探索した。 7~17 歳の学童 51,235 人から、2017 年に喘息を発症した子どもは 3065 人であった。年齢(オッズ比(OR)=0.949、<0.001)、性別(OR=1.357、<0.003)、NO(OR=1.013、<0.019)、緑地からの距離(OR=1.327、<0.013)、年齢×性別の相互作用(OR=1.024、<0.051)などの有意な関連を調査した。疾患に対する性別の影響は、男の子と女の子の年齢依存性の傾きの違いによって部分的に説明される。 私たちの結果によると、若い子供は病気になる可能性が高く、より多くのケースが7歳から10歳までの最も低い年齢層に追加され(ほぼ半分のケース(49.2%))、喘息は女の子(35.9%)よりも男の子(64.1%)の方がそれぞれ2倍近く一般的でした。喘息のリスクは、NO濃度が高いことと、緑地に近い住宅との関連がある。

Many studies have been carried out on the negative health effects of exposure to PM, PM , NO, CO, SO and B[a]P for small populations. The main purpose of this study was to explore the association of air pollution to diagnosis of asthma for the whole huge population of school children between 7-17 years in Vilnius (Lithuania) using geographical information system analysis tools. In the research, a child population of 51,235 individuals was involved. From this large database, we identified children who had asthma diagnosis J45 (ICD-10 AM). Residential pollution concentrations and proximity to roads and green spaces were obtained using the ArcGIS spatial analysis tool from simulated air pollution maps. Multiple stepwise logistic regression was used to explore the relation between air pollution concentration and proximity between the roads and green spaces where children with asthma were living. Further, we explored the interaction between variables. From 51,235 school children aged 7-17 years, 3065 children had asthma in 2017. We investigated significant associations, such as the likelihood of getting sick with age (odds ratio (OR) = 0.949, < 0.001), gender (OR = 1.357, = 0.003), NO (OR = 1.013, = 0.019), distance from the green spaces (OR = 1.327, = 0.013) and interactions of age × gender (OR = 1.024, = 0.051). The influence of gender on disease is partly explained by different age dependency slopes for boys and girls. According to our results, younger children are more likely to get sick, more cases appended on the lowest age group from 7 to 10 years (almost half cases (49.2%)) and asthma was respectively nearly twice more common in boys (64.1%) than in girls (35.9%). The risk of asthma is related to a higher concentration of NO and residence proximity to green spaces.