会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

新生児/小児集中治療室における診断ツールとしての全ゲノム迅速シークエンシング | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Clin Med.2020 Jul;9(7). E2220. doi: 10.3390/jcm9072220.Epub 2020-07-13.

新生児/小児集中治療室における診断ツールとしての全ゲノム迅速シークエンシング

Rapid Whole-Exome Sequencing as a Diagnostic Tool in a Neonatal/Pediatric Intensive Care Unit.

  • Robert Śmigiel
  • Mateusz Biela
  • Krzysztof Szmyd
  • Michal Błoch
  • Elżbieta Szmida
  • Paweł Skiba
  • Anna Walczak
  • Piotr Gasperowicz
  • Joanna Kosińska
  • Małgorzata Rydzanicz
  • Piotr Stawiński
  • Anna Biernacka
  • Marzena Zielińska
  • Waldemar Gołębiowski
  • Agnieszka Jalowska
  • Grażyna Ohia
  • Bożena Głowska
  • Wojciech Walas
  • Barbara Królak-Olejnik
  • Paweł Krajewski
  • Jolanta Sykut-Cegielska
  • Maria M Sąsiadek
  • Rafał Płoski
PMID: 32668698 DOI: 10.3390/jcm9072220.

抄録

遺伝性疾患は乳幼児の罹患率と死亡率の主要な原因である。遺伝性疾患の数が多く、分子や表現型の不均一性があり、重篤な経過をたどることが多いため、これらの疾患は未診断のままである。急性単発性疾患が疑われる乳児では、迅速全ゲノムシークエンシング(R-WES)を行うことに成功している。集中治療室(ICU)に入院している重症および/または進行性の疾患で、遺伝的起源が疑われる乳児18人を対象に、R-WES(一重項)を実施した。両親からも採血を行った。R-WESの結果は5-14日後に得られた。13人の小児で確定的な遺伝子診断が得られ、全体の診断率は72.2%であった。9人の患者については、R-WESを第一段階の検査として使用した。8人の患者は先天的な代謝異常(主にミトコンドリア疾患)と診断された。2名の患者では、これまでヒトの疾患とは関連していない遺伝子の変異が原因である可能性があった(および)。R-WESは、遺伝子疾患が疑われるICU内の重篤な乳児の診断に有効なツールであることが証明されました。また、R-WESは、正確な臨床記述の後の第一段階の検査として考慮されるべきである。迅速な診断が得られることで、患者の医療管理に影響を与え、家族は遺伝カウンセリングを受けることができます。

Genetic disorders are the leading cause of infant morbidity and mortality. Due to the large number of genetic diseases, molecular and phenotype heterogeneity and often severe course, these diseases remain undiagnosed. In infants with a suspected acute monogenic disease, rapid whole-exome sequencing (R-WES) can be successfully performed. R-WES (singletons) was performed in 18 unrelated infants with a severe and/or progressing disease with the suspicion of genetic origin hospitalized in an Intensive Care Unit (ICU). Blood samples were also collected from the parents. The results from the R-WES were available after 5-14 days. A conclusive genetic diagnosis was obtained in 13 children, corresponding to an overall diagnostic yield of 72.2%. For nine patients, R-WES was used as a first-tier test. Eight patients were diagnosed with inborn errors of metabolism, mainly mitochondrial diseases. In two patients, the disease was possibly caused by variants in genes which so far have not been associated with human disease ( and ). R-WES proved to be an effective diagnostic tool for critically ill infants in ICUs suspected of having a genetic disorder. It also should be considered as a first-tier test after precise clinical description. The quickly obtained diagnosis impacts patient's medical management, and families can receive genetic counseling.