国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

韓国・鬱陵島固有のバラ科種(var.と)の2つの完全なプラストームの特徴と比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Mol Sci.2020 Jul;21(14). E4933. doi: 10.3390/ijms21144933.Epub 2020-07-13.

韓国・鬱陵島固有のバラ科種(var.と)の2つの完全なプラストームの特徴と比較

Characterization and Comparison of Two Complete Plastomes of Rosaceae Species ( var. and ) Endemic to Ulleung Island, Korea.

  • JiYoung Yang
  • Gi-Ho Kang
  • Jae-Hong Pak
  • Seung-Chul Kim
PMID: 32668601 DOI: 10.3390/ijms21144933.

抄録

本研究では、この二つの種の胎盤の完全な特徴を明らかにし、これまでに報告されている他のバラ科のウルルン島固有種(、、、、、)の胎盤と比較した。本研究では、これら2種の完全な吻合部を特徴づけ、他のバラ科の鬱陵島固有種の吻合部と比較した( , , , , and )。比較系統解析の結果、3つの遺伝子間領域(-UGU/-UAA, -UAG, および)と1つの遺伝子間領域()を同定した。75個のタンパク質をコードする遺伝子のうち、強い精製選択を受けたのは14個のみであった。バラ科の23の代表的なプラストームの系統解析を行ったところ、バラ科の単系統性と姉妹関係が支持された。本研究で得られたプラストームの資源は、鬱陵島の島固有のバラ科のプラストームの進化を解明し、島の様々な固有系統の種分化の遺伝的影響を評価することに貢献する。

var. and in the family Rosaceae are species endemic to Ulleung Island, Korea, the latter of which is listed as endangered. In this study, we characterized the complete plastomes of these two species and compared these with previously reported plastomes of other Ulleung Island endemic species of Rosaceae (, , , and ). The highly conserved complete plastomes of var. and are 158,637 and 155,524 base pairs with GC contents of 37% and 36.9%, respectively. Comparative phylogenomic analysis identified three highly variable intergenic regions (-UGU/-UAA, -UAG, and ) and one variable genic region (). Only 14 of the 75 protein-coding genes have been subject to strong purifying selection. Phylogenetic analysis of 23 representative plastomes within the Rosaceae supported the monophyly of and the sister relationship between and and indicated that is sister to a clade containing , , , and . The plastome resources generated in this study will contribute to elucidating the plastome evolution of insular endemic Rosaceae on Ulleung Island and also in assessing the genetic consequences of anagenetic speciation for various endemic lineages on the island.