国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

変形性親指関節症に対する装具の比較有効性。システマティックレビューとネットワークメタアナリシス | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch Phys Med Rehabil.2020 Jul;S0003-9993(20)30424-X. doi: 10.1016/j.apmr.2020.06.012.Epub 2020-07-12.

変形性親指関節症に対する装具の比較有効性。システマティックレビューとネットワークメタアナリシス

Comparative Effectiveness of Orthoses for thumb osteoarthritis: A Systematic Review and Network Meta-Analysis.

  • Nicola Marotta
  • Andrea Demeco
  • Cinzia Marinaro
  • Lucrezia Moggio
  • Ilaria Pino
  • Marianna Barletta
  • Annalisa Petraroli
  • Antonio Ammendolia
PMID: 32668206 DOI: 10.1016/j.apmr.2020.06.012.

抄録

目的:

変形性手根骨親指関節症に対する装具の中で最良の選択肢をネットワークメタアナリシスを用いて評価すること。

OBJECTIVE: To evaluate the best option among orthoses for carpometacarpal osteoarthritis of the thumb, using a network meta-analysis.

データソース:

Medline、Embase、Cochrane、ClinicalTrials.govのレジストリデータベースを使用した PubMed、Embase、Cochrane Controlled Trials Register、Cochraneなどのデータベースを言語制限なく使用した。

DATA SOURCES: Medline, Embase, Cochrane, and ClinicalTrials.gov registry databases were used PubMed, Embase, Cochrane Controlled Trials Register, Cochrane and other databases were used without language restrictions.

研究の選択:

変形性親指関節症の成人を対象とした無作為化比較試験(RCT)を、開始から2020年3月10日までの間に任意の装具を研究して検索した。 DATA EXTRACTION: データを抽出し、ペアのレビュアーによって正確性と完全性をチェックした。アウトカムは疼痛と機能とした。比較治療効果は、直接的なペアワイズ比較のためのランダム効果モデルと、直接的と間接的を統合するためのベイズネットワークメタアナリシスによって分析した。

STUDY SELECTION: We searched randomized controlled trials (RCTs) on adults with osteoarthritis of the thumb by studying any orthosis in from the beginning to March 10, 2020 DATA EXTRACTION: Data were extracted and checked for accuracy and completeness by pairs of reviewers. Outcomes were pain and function. Comparative treatment effects were analysed by random-effects model for direct pair-wise comparisons and Bayesian network meta-analyses to integrate direct and indirect.

データ構文:

619人の患者が参加した11のRCTが含まれていた。4種類の装具について5つのグループを評価した。短い熱可塑性手根中手根スプリント(硬性CMC)(n=5)、長い熱可塑性手根中手根スプリント(硬性CMC-MCP)(n=7)、短いネオプレン製手根中手根スプリント(軟性CMC)(n=1)、長いネオプレン製手根中手根スプリント(軟性CMC-MCP)(n=5)、および対照群(n=5)の5つのグループを評価した。その結果、すべてのスプリントがプラセボよりも疼痛強度の軽減に優れていたこと、介入の最上位はリジッドCMC-MCP(累積順位曲線分析のsurface under the cumulative ranking curve analysis、SUCRAスコア:65.4)であったことが示された。機能評価では、Rigid CMCのSUCRAスコアは71.6であったと報告している。

DATA SYNTHESIS: 11 RCTs involving 619 patients were included. We evaluated five groups, for 4 different orthoses: short thermoplastic carpometacarpal splint (Rigid CMC) (n=5), long thermoplastic carpometacarpal-metacarpophalangeal splint (Rigid CMC-MCP) (n=7), short neoprene carpometacarpal splint (Soft CMC) (n=1), long neoprene carpometacarpal-metacarpophalangeal splint (Soft CMC-MCP) (n=5), and one as a control group (n=5). Our results show that all splints were superior to placebo to reduce pain intensity and the top-ranked intervention was the Rigid CMC-MCP (surface under the cumulative ranking curve analysis, SUCRA score: 65.4). In function evaluation, we report a 71.6 SUCRA for Rigid CMC.

結論:

変形性親指関節症におけるスプリントの使用については、現在のエビデンスは不明であり、どの装具がより効果的なのか、他の介入よりも効果的なのかは不明であるが、ネットワークメタアナリシスでは、長い熱可塑性スプリントイットが痛みの緩和に最適であり、短い熱可塑性手根手根スプリントが機能を高めるための最良の治療法であることが示されている。これらの結果から、初期治療として長い硬性装具を使用し、その後に短い硬性装具を使用することが示唆されています。

CONCLUSIONS: Although the current evidence is unclear on the use of the splint in osteoarthritis of the thumb, it is not known which orthosis is more effective and whether the orthosis is more effective than other interventions, the network Meta-analysis shows that a long thermoplastic splint it is the best choice for pain relief and the short thermoplastic carpometacarpal splint is the best treatment to increase function. These results may suggest initial treatment with a long rigid orthosis and then a short rigid orthosis.

Copyright © 2020. Published by Elsevier Inc.