国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

小児期の盲腸手術と成人の精神障害.集団ベースのコホート研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Depress Anxiety.2020 Jul;doi: 10.1002/da.23045.Epub 2020-07-15.

小児期の盲腸手術と成人の精神障害.集団ベースのコホート研究

Childhood appendectomy and adult mental disorders: A population-based cohort study.

  • Lucas D Ekström
  • Hampus Ekström
  • Henrik Dal
  • Kyriaki Kosidou
  • Ulf O Gustafsson
PMID: 32668089 DOI: 10.1002/da.23045.

抄録

背景:

最近の研究では、大腸微生物叢の恒常性の乱れが低悪性度の全身性炎症や精神障害と関連していることが示唆されている。盲腸虫垂は大腸マイクロバイオータのホメオスタシスに影響を及ぼす可能性がある。この大規模な集団ベースの研究では,盲腸を早期に摘出することが,後年の精神障害のリスク増加と関連しているかどうかを検討した.

BACKGROUND: Recent studies suggest that disruption of the colonic microbiota homeostasis is associated with low-grade systemic inflammation and mental disorders. The cecal appendix may influence the homeostasis of the colonic microbiota. In this large population-based study, we investigated whether early removal of the appendix is associated with an increased risk of mental disorders later in life.

材料と方法:

1973年から1992年の間に生まれたスウェーデンの全個人(N=1,937,488)を対象とし、14歳以降の精神医学的国際疾病分類診断のいずれかについて2016年12月31日までプロスペクティブに追跡調査を行った。主要曝露は14歳以前に盲腸手術の既往歴があると定義した(N=44,259)、第2曝露は14歳以前に盲腸炎を発症したが盲腸手術を受けていない(N=1,542)、第3曝露は14歳以前にヘルニア手術の既往歴がある(N=35,523)とした。各曝露の対照群は、研究集団のすべての未曝露者であった。

MATERIALS AND METHODS: All Swedish individuals born between 1973 and 1992 (N = 1,937,488) were included and followed prospectively until December 31, 2016 for any psychiatric International Classification of Disease diagnosis from age 14 or later in life. The main exposure was defined as having a history of appendectomy before age 14 (N = 44,259); the second exposure, appendicitis before age 14 but without appendectomy (N = 1,542), and the third exposure studied was a history of hernia surgery before age 14 (N = 35,523). Control groups for each respective exposure were all unexposed individuals in the study population.

結果:

14歳以前に盲腸手術を受けた人は、小児期の盲腸手術を受けていない人と比較して、うつ病性障害のリスクが19%増加し(調整後ハザード比[aHR]=1.19;95%信頼区間[95%CI]:1.15-1.23)、双極性感情障害のリスクが27%増加し(aHR=1.27;95%CI:1.17-1.37)、不安障害のリスクが20%増加し(aHR=1.20;95%CI:1.16-1.23)、また、小児期の盲腸手術を受けていない人と比較して、不安障害のリスクが20%増加した(aHR=1.20;95%CI:1.16-1.23)。盲腸手術と強迫性障害および統合失調症のリスク増加との関連は認められず,盲腸手術を受けていない盲腸炎と精神障害との関連は認められなかった.小児期のヘルニア手術と後年の精神障害との関連は小さいが有意であった。

RESULTS: Individuals exposed to appendectomy before age 14 had a 19% increased risk of depressive disorder (adjusted hazard ratio [aHR] = 1.19; 95% confidence interval [95% CI]: 1.15-1.23), 27% increased risk of bipolar affective disorder (aHR = 1.27; 95% CI: 1.17-1.37), and a 20% increased risk of an anxiety disorder (aHR = 1.20; 95% CI: 1.16-1.23) compared to individuals unexposed to childhood appendectomy. We found no association between appendectomy and increased risk of obsessive-compulsive disorder and schizophrenia and there was no association between appendicitis without appendectomy and mental disorders. The association between childhood hernia surgery and mental disorders later in life was small but significant.

結論:

小児期の盲腸切除は,盲腸切除を伴わない盲腸炎ではなく,成人期の気分障害および不安障害のリスクの有意な増加と関連していた.

CONCLUSION: Childhood appendectomy, but not appendicitis without appendectomy, was associated with a significantly increased risk of mood and anxiety disorders in adulthood.

© 2020 The Authors. Depression and Anxiety published by Wiley Periodicals LLC.