国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

肺移植を受けた嚢胞性線維症患者における長期雇用の予測因子 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Swiss Med Wkly.2020 Jul;150:w20286. Swiss Med Wkly. 2020;150:w20286. doi: 10.4414/smw.2020.20286.Epub 2020-07-13.

肺移植を受けた嚢胞性線維症患者における長期雇用の予測因子

Predictors of long-term employment among patients with cystic fibrosis undergoing lung transplantation.

  • Thomas Radtke
  • André Königs
  • Xijin Chen
  • Julia Braun
  • Holger Dressel
  • Christian Benden
PMID: 32667678 DOI: 10.4414/smw.2020.20286.

抄録

研究の目的:

肺移植は、進行した嚢胞性線維症肺疾患の選択された患者において確立された治療法である。肺移植後の雇用再開は一般的に支持されている。スイスでは、肺移植を受けた嚢胞性線維症患者の長期雇用に関するデータはない。

AIMS OF THE STUDY: Lung transplantation is an established therapy in selected patients with advanced cystic fibrosis lung disease. Resumption of employment after lung transplantation is generally supported. In Switzerland, there are no data on long-term employment in people with cystic fibrosis undergoing lung transplantation.

方法:

スイスの大学病院で行われた単施設横断研究において、1996 年 1 月から 2016 年 12 月までの移植期間を対象とした嚢胞性線維症の肺移植患者の臨床データをレトロスペクティブに分析した。肺移植前因子(年齢、性別、肺機能、肥満度指数、6 分間歩行テスト距離、肺移植待ちリスト時間、待ちリストでの有給雇用、学歴、交際状況、住居状況)と肺移植後因子(慢性的な移植片機能不全[CLAD]、透析、がん診断[皮膚がんを除く])が、肺移植後の有給雇用と就業率に及ぼす潜在的な影響を、混合ロジスティック回帰モデルと線形回帰モデルを用いて検討した。肺移植後の各期間(1年未満、1-3年、3-5年、3-5年、5-10年、10年以上)について、有給雇用の記述分析を行った。データはオッズ比(OR)または係数(β)とその95%信頼区間(CI)で報告されている。

METHODS: In a single-centre, cross-sectional study at a Swiss university hospital, clinical data from lung transplant recipients with cystic fibrosis, covering the transplantation period from January 1996 to December 2016, were analysed retrospectively. The potential influence of pre-lung transplantation factors (age, sex, lung function, body mass index, six-minute walk test distance, lung transplantation wait list time, paid employment on the wait list, education, relationship status, housing situation) and post-lung transplantation factors (chronic allograft dysfunction [CLAD], dialysis, cancer diagnosis [except skin cancer]) on paid employment and work percentage after lung transplantation were investigated using mixed logistic and linear regression models. Descriptive analyses of paid employment were performed for various periods after lung transplantation (<1, 1–3, 3–5, 5–10, >10 years). Data are reported as odds ratios (ORs) or coefficients (β) with their 95% confidence intervals (CIs).

結果:

平均±SD年齢29.9±8.4歳の84名(女性46.4%)を対象とした。肺移植の平均待ち時間は42.7±40.2週間であった。肺移植後1年未満、1~3年未満、3~5年未満、5~10年未満、10年以上経過した被験者の雇用数(割合)は、それぞれn=23(28%)、n=51(65%)、n=44(75%)、n=30(68%)、n=21(75%)であった。混合ロジスティック回帰モデルでは、肺移植前の有給雇用(OR 24.03、95%CI 6.08~164.39、p<0.0001)、学歴(OR 7.81、95%CI 1.66~48.66、p<0.01)、肺移植後の時間(対数スケール上、OR 5.81、95%CI 3.15~12.78、p<0.0001)が、肺移植後の有給雇用状況に影響を与える主な因子であった。混合線形回帰モデルでは、肺移植前の有給雇用(β=21.40、95%CI 10.98~31.81、p=0.00014)、学歴(β=12.54、95%CI 0.48~24.55、p=0.05)、肺移植後の時間(対数スケール上、β=8.96、95%CI 6.17~11.82、p<0.0001)が肺移植後の就労率に影響を与える主な因子であった。CLAD、がん、透析などの臨床的要因が肺移植後の雇用および就業率に影響を及ぼすという証拠は見られなかった。

RESULTS: Eighty-four subjects (46.4% female) with a mean ± SD age of 29.9 ± 8.4 years were included in the study. Mean wait time for lung transplantation was 42.7 ± 40.2 weeks. The number (percentage) of subjects employed <1 year, 1–3 years, 3–5 years, 5–10 years and >10 years after lung transplantation was n = 23 (28%), n = 51 (65%), n = 44 (75%), n = 30 (68%) and n = 21 (75%), respectively. In mixed logistic regression models, pre-lung transplantation paid employment (OR 24.03, 95% CI 6.08 to 164.39, p <0.0001), academic education (OR 7.81, 95% CI 1.66 to 48.66, p = 0.01) and time post lung transplantation (on log scale, OR 5.81, 95% CI 3.15 to 12.78, p <0.0001) were the main factors influencing post-lung transplantation paid employment status. In mixed linear regression models, pre-lung transplantation paid employment (β = 21.40, 95% CI 10.98 to 31.81, p = 0.00014), academic education (β = 12.54, 95% CI 0.48 to 24.55, p = 0.05) and time post lung transplantation (on log scale, β = 8.96, 95% CI 6.17 to 11.82, p <0.0001) were the main factors influencing work percentage post lung transplantation. No evidence for an influence of clinical factors such as CLAD, cancer or dialysis on post-lung transplantation employment and work percentage was found.

結論:

移植前の雇用は、嚢胞性線維症患者における肺移植の雇用に影響を及ぼす支配的な因子である。肺移植を受けている嚢胞性線維症の人は、健康状態が許す限り働くことが奨励されるべきである。肺移植が成功した後の職業復帰は、集学的な肺移植チームによってサポートされるべきである。

CONCLUSION: Pre-transplant employment is the dominant factor influencing lung transplantation employment in people with cystic fibrosis. People with cystic fibrosis undergoing lung transplantation should be encouraged to work for as long as their health status permits. Professional reintegration after successful lung transplantation should be supported by a multi-disciplinary lung transplant team.