国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

FUS-tgマウスの分子および行動異常は前頭側頭葉変性症を模倣している。新旧の抗炎症療法の効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Cell. Mol. Med..2020 Jul;doi: 10.1111/jcmm.15628.Epub 2020-07-15.

FUS-tgマウスの分子および行動異常は前頭側頭葉変性症を模倣している。新旧の抗炎症療法の効果

Molecular and behavioural abnormalities in the FUS-tg mice mimic frontotemporal lobar degeneration: Effects of old and new anti-inflammatory therapies.

  • Johannes de Munter
  • Diana Babaevskaya
  • Erik Ch Wolters
  • Dmitrii Pavlov
  • Ekaterina Lysikova
  • Allan V Kalueff
  • Anna Gorlova
  • Margarita Oplatchikova
  • Igor A Pomytkin
  • Andrey Proshin
  • Aleksei Umriukhin
  • Klaus-Peter Lesch
  • Tatyana Strekalova
PMID: 32667139 DOI: 10.1111/jcmm.15628.

抄録

DNA/RNA結合タンパク質であるFUSの遺伝子変異は、前頭側頭葉変性症(FTLD)や筋萎縮性側索硬化症(ALS)の遺伝的な形態と関連している。新規トランスジェニックFUS[1-359]-tgマウス系統は、神経炎症や神経変性、筋萎縮や麻痺、FTLDの脳病理学的徴候など、脊髄におけるヒトALSの核心的特徴を再現している。しかし、FUS[1-359]-tgマウスがFTLD症候群に特徴的な行動・脳内炎症性変化を示すかどうかについては、これまで検討されていませんでした。ここでは、FTLDモデルと考えられる症状前のFUS[1-359]-tgオスマウスの情動、社会性、認知行動、炎症の脳マーカー、可塑性を調べた。これらの動物は、FTLD様症候群を彷彿とさせる異常行動や炎症性マーカーや関連経路の脳内発現の変化を示した。FTLDに関連した行動および分子的特徴を、変異体のALS様症候群を打ち消すことが報告されている標準的または新しいALS治療を受けた症状前のFUS[1-359]-tgマウスを用いて研究した。抗ALS薬リルゾール(8mg/kg/d)、または抗炎症薬であるシクロオキシゲナーゼ-2の選択的ブロッカー(セレコキシブ、30mg/kg/d)を3週間、または抗炎症作用を示すヒト幹細胞(Neuro-Cells、500000-CD34 )を脳室内(i.c.v.)に単回注入して使用した。不安感の上昇、抑うつ症状に似た行動、認知障害、異常な社会的行動の兆候は、FUSを投与した動物ではあまり顕著ではなかった。また、前頭前野と海馬ではインターロイキン-1β(IL-1β)、海馬ではIba-1とGSK-3βのタンパク質発現が正常化された。このように、発症前のFUS[1-359]-tgマウスはFTLD様の異常を示していますが、神経細胞製剤を含む標準的なALS治療や新しいALS治療法では、このような異常は減少しています。

Genetic mutations in FUS, a DNA/RNA-binding protein, are associated with inherited forms of frontotemporal lobar degeneration (FTLD) and amyotrophic lateral sclerosis (ALS). A novel transgenic FUS[1-359]-tg mouse line recapitulates core hallmarks of human ALS in the spinal cord, including neuroinflammation and neurodegeneration, ensuing muscle atrophy and paralysis, as well as brain pathomorphological signs of FTLD. However, a question whether FUS[1-359]-tg mouse displays behavioural and brain pro-inflammatory changes characteristic for the FTLD syndrome was not addressed. Here, we studied emotional, social and cognitive behaviours, brain markers of inflammation and plasticity of pre-symptomatic FUS[1-359]-tg male mice, a potential FTLD model. These animals displayed aberrant behaviours and altered brain expression of inflammatory markers and related pathways that are reminiscent to the FTLD-like syndrome. FTLD-related behavioural and molecular Journal of Cellular and Molecular Medicine features were studied in the pre-symptomatic FUS[1-359]-tg mice that received standard or new ALS treatments, which have been reported to counteract the ALS-like syndrome in the mutants. We used anti-ALS drug riluzole (8 mg/kg/d), or anti-inflammatory drug, a selective blocker of cyclooxygenase-2 (celecoxib, 30 mg/kg/d) for 3 weeks, or a single intracerebroventricular (i.c.v.) infusion of human stem cells (Neuro-Cells, 500 000-CD34 ), which showed anti-inflammatory properties. Signs of elevated anxiety, depressive-like behaviour, cognitive deficits and abnormal social behaviour were less marked in FUS-tg-treated animals. Applied treatments have normalized protein expression of interleukin-1β (IL-1β) in the prefrontal cortex and the hippocampus, and of Iba-1 and GSK-3β in the hippocampus. Thus, the pre-symptomatic FUS[1-359]-tg mice demonstrate FTLD-like abnormalities that are attenuated by standard and new ALS treatments, including Neuro-Cell preparation.

© 2020 The Authors. Journal of Cellular and Molecular Medicine published by Foundation for Cellular and Molecular Medicine and John Wiley & Sons Ltd.