国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

健常者における心外膜脂肪組織厚とTp-Te/QT比との関係はあるか? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch Med Sci Atheroscler Dis.2020;5:e127-e139. 40912. doi: 10.5114/aoms.2020.96147.Epub 2020-06-05.

健常者における心外膜脂肪組織厚とTp-Te/QT比との関係はあるか?

Is there a relationship between epicardial fat tissue thickness and Tp-Te/QT ratio in healthy individuals?

  • Mücahid Yılmaz
  • Hidayet Kayançiçek
  • Nevzat Gözel
  • Ertuğrul Kurtoğlu
  • Özlem Seçen
  • Pınar Öner
  • Yusuf Çekici
  • Mehmet Nail Bilen
  • Suat Demirkıran
  • Ökkeş Uku
PMID: 32665987 PMCID: PMC7339868. DOI: 10.5114/aoms.2020.96147.

抄録

序論:

心外膜脂肪は、多くの炎症性および動脈原性メディエーターを放出する組織であり、心臓に対する内分泌および副分泌作用を有する。本研究では、再分極の経膜的分散(TDR)に対するEFT厚さ(EFTt)の影響を、T波のピークから終了間隔(Tp-Te)、Tp-Te分散(Tp-Te (d))、およびTp-Te/QT比を用いて分析した。

Introduction: Epicardial fat is a tissue that releases many proinflammatory and atherogenic mediators, with endocrine and paracrine effects on the heart. In this study, the implication of the EFT thickness (EFTt) on transmural dispersion of repolarisation (TDR) was analysed utilizing the T-wave peak to end interval (Tp-Te), the Tp-Te dispersion (Tp-Te (d)), and the Tp-Te/QT ratio.

材料と方法:

本研究には 1,713 名の被験者が登録された。被験者は、心血管/全身疾患や動脈硬化の危険因子を持たない健康な人を選んだ。すべての被験者に経胸腔心エコー(TTE)を適用し、拡張期と収縮期の両方でEFTtを測定した。心電図の測定は標準的な12リード表面心電図を用いた。

Material and methods: One thousand seven hundred and thirteen subjects were enrolled in the research. The subjects were chosen to be healthy individuals, without any cardiovascular/systemic disorders or risk factors for atherosclerosis. Transthoracic echocardiography (TTE) was applied to all subjects, and EFTt was measured in both diastole and systole. The ECG measurements were taken from standard 12-lead surface ECG.

結果:

相関解析の結果,EFTtは,Tp-Te間隔,Tp-Te/QT比,Tp-Te(d),年齢の上昇,体格指数(BMI),体表面積(BSA),左室(LV)質量,LV質量指数,空腹時血漿グルコース,トリグリセリド,低密度リポ蛋白コレステロールと高い関連性があることが明らかになった.

Results: Correlation analysis revealed that the EFTt is highly associated with the Tp-Te interval, Tp-Te/QT ratio, Tp-Te (d), increasing age, body mass index (BMI), body surface area (BSA), left ventricular (LV) mass, LV mass index, plasma glucose during fasting, triglycerides, and low-density lipoprotein cholesterol.

結論:

その結果、EFTtの増加は、TDRおよびEFTtを増加させる他の因子が存在しない場合でも、Tp-Te、Tp-Te(d)、およびTp-Te/QT比のTDR値の増加と関連していた。したがって、EFTTtの増加は、心室性不整脈のリスクを増加させる可能性があると言える。

Conclusions: The study results showed that increased EFTt was associated with increased TDR values of Tp-Te, Tp-Te (d), and Tp-Te/QT ratio, even in the absence of other factors that could increase TDR and EFTt. Therefore, it can be stated that increased EFTt may cause an increase the risk for ventricular arrhythmia.

Copyright © 2020 Termedia & Banach.