会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ゲノム情報と個別に記録された相関形質を含む集団記録形質の繁殖価値を予測する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Heredity (Edinb).2020 Jul;10.1038/s41437-020-0339-3. doi: 10.1038/s41437-020-0339-3.Epub 2020-07-14.

ゲノム情報と個別に記録された相関形質を含む集団記録形質の繁殖価値を予測する

Prediction of breeding values for group-recorded traits including genomic information and an individually recorded correlated trait.

  • Xiang Ma
  • Ole F Christensen
  • Hongding Gao
  • Ruihua Huang
  • Bjarne Nielsen
  • Per Madsen
  • Just Jensen
  • Tage Ostersen
  • Pinghua Li
  • Mahmoud Shirali
  • Guosheng Su
PMID: 32665691 DOI: 10.1038/s41437-020-0339-3.

抄録

飼料摂取量や卵生産量など、個体での測定が困難な場合やコストがかかる場合には、個体群の記録が繁殖値の予測に有効であると考えられます。ゲノム情報を付加することで、個体記録を用いた定量形質の遺伝的評価の精度が向上することが示されている。ここでは、集団記録を持つ形質に対するゲノム情報の価値を検討した。また、個体記録のある形質の遺伝的評価の精度向上についても検討した。本研究では、豚の集団を模擬し、集団構造と規模の3つのシナリオを設定した。その結果、ゲノム情報と相関形質の両方が、集団記録のある形質の推定繁殖値(EBV)の精度を向上させることが示された。サイズ24のグループレコードから得られたEBVの精度は、サイズ12のグループレコードから得られたEBVの精度よりもはるかに低かった。また、無作為にペンに動物を配置した場合は、各グループ内の個体間の関係が弱くなり、精度が低下した。このことから、個体では記録しにくい形質の遺伝的評価には集団記録が有用であり、ゲノム情報を用いて遺伝的評価の精度を大幅に高めることができることが示唆されました。また、集団記録を用いた形質の遺伝的評価は、個別に記録された相関のある形質を含む二変量モデルを用いることで大幅に改善することができます。遺伝学的評価に群レコードを効率的に利用するためには、群の規模が比較的小さく、1つの群内の個体間の関係が近いことが推奨される。

Records on groups of individuals could be valuable for predicting breeding values when a trait is difficult or costly to measure on single individuals, such as feed intake and egg production. Adding genomic information has shown improvement in the accuracy of genetic evaluation of quantitative traits with individual records. Here, we investigated the value of genomic information for traits with group records. Besides, we investigated the improvement in accuracy of genetic evaluation for group-recorded traits when including information on a correlated trait with individual records. The study was based on a simulated pig population, including three scenarios of group structure and size. The results showed that both the genomic information and a correlated trait increased the accuracy of estimated breeding values (EBVs) for traits with group records. The accuracies of EBV obtained from group records with a size 24 were much lower than those with a size 12. Random assignment of animals to pens led to lower accuracy due to the weaker relationship between individuals within each group. It suggests that group records are valuable for genetic evaluation of a trait that is difficult to record on individuals, and the accuracy of genetic evaluation can be considerably increased using genomic information. Moreover, the genetic evaluation for a trait with group records can be greatly improved using a bivariate model, including correlated traits that are recorded individually. For efficient use of group records in genetic evaluation, relatively small group size and close relationships between individuals within one group are recommended.