会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

分野横断的な健康政策とシステム研究の批判的現実主義的統合:特徴的な特徴の定義、評価フレームワークの開発、課題の特定 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Health Res Policy Syst.2020 Jul;18(1):79. 10.1186/s12961-020-00556-2. doi: 10.1186/s12961-020-00556-2.Epub 2020-07-14.

分野横断的な健康政策とシステム研究の批判的現実主義的統合:特徴的な特徴の定義、評価フレームワークの開発、課題の特定

A critical realist synthesis of cross-disciplinary health policy and systems research: defining characteristic features, developing an evaluation framework and identifying challenges.

  • Gordon Dugle
  • Joseph Kwame Wulifan
  • John Paul Tanyeh
  • Wilm Quentin
PMID: 32664988 PMCID: PMC7359589. DOI: 10.1186/s12961-020-00556-2.

抄録

背景:

保健政策とシステム研究(HPSR)は、本来、学際的な研究分野である。しかし、学際的、多元的、横断的な研究に関する概念が対立していることから、HPSRにおける学際的アプローチの特徴について混乱が生じている。本レビューは、(1)学際的HPSRにおけるCMO構成の特徴を定義し、(2)学際性を評価するための基準を開発し、(3)アプローチの新たな課題を総合的に検討することを目的として実施された。

BACKGROUND: Health policy and systems research (HPSR) is an inherently cross-disciplinary field of investigation. However, conflicting conceptualisations about inter-, multi- and transdisciplinary research have contributed to confusion about the characteristics of cross-disciplinary approaches in HPSR. This review was conducted to (1) define the characteristic features of context-mechanism-outcome (CMO) configurations in cross-disciplinary HPSR, (2) develop criteria for evaluating cross-disciplinarity and (3) synthesise emerging challenges of the approach.

方法:

本論文は、以下の3つのフェーズで実施された批判的現実主義的統合である。(1)文献のスコープ、(2)エビデンスの検索とスクリーニング、(3)エビデンスの抽出と合成である。International Bibliography of the Social Sciences と Web of Science、PubMed central、Embase、CINHAL の 5 つのデータベースと、レビューに含める資格のある研究のレファレンスリストを検索した。検索対象は、1998年1月から2020年1月までの間に英語で出版された査読付きの原著研究、レビュー、解説論文、機関・政府報告書であった。

METHOD: The paper is a critical realist synthesis conducted in three phases, as follows: (1) scoping the literature, (2) searching for and screening the evidence, and (3) extracting and synthesising the evidence. Five databases, namely the International Bibliography of the Social Sciences and Web of Science, PubMed central, Embase and CINHAL, and reference lists of studies that qualified for inclusion in the review were searched. The search covered peer-reviewed original research, reviews, commentary papers, and institutional or government reports published in English between January 1998 and January 2020.

結果:

オンライン検索では、合計7792タイトルが確認され、最終的にはパイロット研究と逸話的・実証的文献からなる137の出版物が選定された。このレビューでは、学際的な HPSR は、個々の特徴によって定義されるのではなく、特定のタイプの研究課題と設定(コンテクスト)、特定の研究者の協力方法(メカニズム)、そして単一学際的なアプローチで達成され得るものよりも優れた研究成果(アウトカム)の組み合わせによって定義されるという事実に注目しています。このCMOフレームワークは、あるHPSRが真に学際的であるかどうかを評価するための基準にもなります。また、学際的なHPSRの課題とそれに伴う対処メカニズムは、主に概念的な不一致、制度的な制約、コミュニケーションと情報管理の課題、調整の問題、資源の限界に起因する文脈主導型であることが明らかになった。

RESULTS: A total of 7792 titles were identified in the online search and 137 publications, comprising pilot studies as well as anecdotal and empirical literature were selected for the final review. The review draws attention to the fact that cross-disciplinary HPSR is not defined by individual characteristics but by the combination of a particular type of research question and setting (context), a specific way of researchers working together (mechanism), and research output (outcome) that is superior to what could be achieved under a monodisciplinary approach. This CMO framework also informs the criteria for assessing whether a given HPSR is truly cross-disciplinary. The challenges of cross-disciplinary HPSR and their accompanying coping mechanisms were also found to be context driven, originating mainly from conceptual disagreements, institutional restrictions, communication and information management challenges, coordination problems, and resource limitations.

結論:

これらの知見は重要な意味を持つ。第一に、分野横断的なHPSRのCMOフレームワークは、新しいプロジェクトに従事する研究者や、その成果を利用する政策立案者に指針を提供することができる。第二に、提案された学際的HPSRの理論と実践を評価するための基準は、新しい研究プロジェクトの体系的な開発や既存の研究プロジェクトの構造的な評価に役立つ可能性がある。第三に、分野横断的なHPSRの課題とその対応メカニズムの理解を深めることは、研究者が将来的にこれらの問題を回避するための一助となるであろう。

CONCLUSION: These findings have important implications. First, the CMO framework of cross-disciplinary HPSR can provide guidance for researchers engaging in new projects and for policy-makers using their findings. Second, the proposed criteria for evaluating theory and practice of cross-disciplinary HPSR may inform the systematic development of new research projects and the structured assessment of existing ones. Third, a better understanding of the challenges of cross-disciplinary HPSR and potential response mechanisms may help researchers to avoid these problems in the future.