会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

von Willebrand病の診断上の課題。マルチメリック解析と分子解析に重点を置いた2例の報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Platelets.2020 Jul;:1-4. doi: 10.1080/09537104.2020.1784403.Epub 2020-07-14.

von Willebrand病の診断上の課題。マルチメリック解析と分子解析に重点を置いた2例の報告

Diagnostic challenges in von Willebrand disease. Report of two cases with emphasis on multimeric and molecular analysis.

  • A B Moreno-Castaño
  • A Ramos
  • M Pino
  • R Parra
  • C Altisent
  • F Vidal
  • I Corrales
  • N Borràs
  • S Torramadé-Moix
  • M Palomo
  • G Escolar
  • M Diaz-Ricart
PMID: 32664776 DOI: 10.1080/09537104.2020.1784403.

抄録

von Willebrand病(VWD)の質的変異体の同定は、その適切な分類のために利用可能な複数の臨床検査で得られる結果が不一致であるため、診断上の課題となることがある。我々は、初診時に利用可能な検査パネルでの予備的な結果が不明瞭であり、最終的にc.8318G>C, p.Cys2773Ser変異を有する2A/IID型と診断された2A/IID型、およびc.4225T>G, p.Val1409Phe変異を有する2M型と診断された、頻度の低いVWDの遺伝性変種の2例を報告する。これら2つの症例の説明は、von Willebrand Factor (VWF)の機能性を評価するための診断パネルが限られているにもかかわらず、マルチメリック解析と遺伝的家族研究が最終的な診断を達成するための基本的なツールであったことを浮き彫りにしている。

Identification of qualitative variants of von Willebrand disease (VWD) can be a diagnostic challenge because of discrepant results obtained in the multiple laboratory tests available for its appropriate classification. We report two cases of infrequent inherited variants of VWD with unclear preliminary results with the test panel available at the time of first consultation and that were finally diagnosed as a VWD type 2A/IID with a c.8318 G > C, p.Cys2773Ser mutation and a VWD type 2M with c.4225 T > G, p.Val1409Phe mutation, respectively. The description of these two cases highlights that despite the limited diagnostic panel for the evaluation of von Willebrand Factor (VWF) functionality, the multimeric analysis and genetic family studies were fundamental tools to achieve the final diagnosis.