会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

自家骨頭蓋形成術後の骨フラップ吸収の危険因子。システマティックレビューとメタアナリシスのためのプロトコル | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Medicine (Baltimore).2020 Jul;99(28):e21035. 00005792-202007100-00060. doi: 10.1097/MD.0000000000021035.

自家骨頭蓋形成術後の骨フラップ吸収の危険因子。システマティックレビューとメタアナリシスのためのプロトコル

Risk factors for bone flap resorption after autologous bone cranioplasty: Protocol for a systematic review and meta-analysis.

  • Jingguo Yang
  • Tong Sun
  • Yikai Yuan
  • Xuepei Li
  • Yicheng Zhou
  • Junwen Guan
PMID: 32664110 DOI: 10.1097/MD.0000000000021035.

抄録

背景:

自家骨頭蓋形成術後の最も一般的な合併症の1つは、骨フラップ吸収(BFR)である。重度のBFRは、合成骨フラップを埋入した再手術につながる可能性があり、また、必然的に入院費の増加にもつながる。本研究は、自家骨頭形成術を受けた患者において再手術を必要とするBFRの危険因子に関する利用可能なエビデンスをまとめたメタアナリシスを行うことを目的としている。

BACKGROUND: One of the most common complications following autologous cranioplasty is bone flap resorption (BFR). Severe BFR can lead to revision surgery with implantation of synthetic bone flap and also necessarily lead to higher hospital expenses. This study aims to perform a meta-analysis to summarize available evidence regarding risk factors of BFR requiring a second surgery in patients with autologous cranioplasty.

方法:

英語で発表された、自家頭蓋形成術を受けた患者におけるBFRの発生率と危険因子を報告したコホート研究、症例対照研究、クロスセクション研究を選定対象とする。開始から2020年5月までの3つのデータベースを検索する。データの選択、質の評価、データ抽出のプロセスは、2名の著者が独立して評価する。研究の質は、Newcastle-Ottawa Scale(NOS)とAgency for Healthcare Research and Quality checklistで評価する。

METHODS: Cohort, case-control, and cross-sectional studies that report the incidence and risk factors of BFR among patients with autologous cranioplasty, published in English, will be considered for selection. Three databases from inception to May 2020 will be searched. The process of data selection, quality assessment, and data extraction will be assessed by 2 authors independently. The study quality will be assessed by Newcastle-Ottawa Scale (NOS) and Agency for Healthcare Research and Quality checklist.The statistical analysis of this meta-analysis will be calculated by Review manager version 5.3.

結果:

このシステマティックレビューおよびメタアナリシスの結果は、学会で発表され、査読付きジャーナルに掲載されることが期待されます。

RESULTS: The results of this systematic review and meta-analysis will be disseminated through academic conferences and expected to publish in a peer-reviewed journal CONCLUSION:: This study will offer high-quality evidence about risk factors for BFR after autologous cranioplasty.

登録番号:

INPLASY202050063。

REGISTRATION NUMBER: INPLASY202050063.