国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

セサミンによる乳癌細胞におけるプログラム死リガンド1(PD-L1)発現の阻害 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. Immunopharmacol..2020 Jul;86:106759. S1567-5769(20)31602-7. doi: 10.1016/j.intimp.2020.106759.Epub 2020-07-11.

セサミンによる乳癌細胞におけるプログラム死リガンド1(PD-L1)発現の阻害

Inhibition of programmed death ligand 1 (PD-L1) expression in breast cancer cells by sesamin.

  • Prachya Kongtawelert
  • Benjawan Wudtiwai
  • Thuzar Hla Shwe
  • Peraphan Pothacharoen
  • Thanyaluck Phitak
PMID: 32663768 DOI: 10.1016/j.intimp.2020.106759.

抄録

プログラムされた死のリガンド1(PD-L1)は、いくつかの転移性乳癌のサブタイプ、特に三重陰性乳癌(TNBC)で過剰発現している。この特徴は、抗腫瘍免疫の根絶を助け、それによって腫瘍の生存率を高めることができる。本研究では、セサミンが乳がん細胞における PD-L1 発現にどのような影響を与えるか、またその分子機構を探ることを目的としています。我々は、TNBC細胞株であるMDA-MB231ではmRNAとタンパク質の両方でPD-L1が高レベルで発現していたが、腔内型乳癌細胞株であるMCF-7では発現していなかったことを発見した。さらに、MDA-MB231細胞では、セサミンの腫瘍抑制効果が確認され、細胞増殖を抑制した。さらに、セサミンは、MDA-MB231 細胞の AKT、NF-κB、JAK/Stat シグナルを阻害することで、PD-L1 のダウンレギュレーション(mRNA、タンパク質とも)を誘発しました。さらに、MDA-MB231細胞の遊走能は、MMP-9およびMMP-2の活性化を阻害することにより、セサミンによって効果的に低下した。以上の結果から、セサミンは MDA-MB231 乳癌細胞の増殖・遊走を抑制し、AKT、NF-κB、JAK/Stat シグナルのダウンレギュレーションを介して PD-L1 の発現を低下させることが明らかになった。したがって、セサミンは、PD-L1の発現が高い乳がん細胞における免疫療法の有効な選択肢となる可能性があります。

Programmed death ligand 1 (PD-L1) is overexpressed in some metastatic breast cancer subtypes, specifically triple-negative breast cancer (TNBC). This feature can assist in the eradication of anti-tumor immunity, thereby enhancing the survival of the tumor. This study aims to explore how sesamin affects PD-L1 expression in breast cancer cells and its related molecular mechanisms. We found high levels of expression of PD-L1 in both mRNA and protein levels in the TNBC cell line, MDA-MB231, but not in the luminal type-breast cancer cell line, MCF-7. We then demonstrated the tumor suppressive effect of sesamin, which induced the inhibition of cell proliferation in MDA-MB231 cells. Additionally, sesamin triggered PD-L1 downregulation (both mRNA and protein) through the inhibition of AKT, NF-κB and JAK/Stat signaling in MDA-MB231 cells. Moreover, the migration ability of MDA-MB231 cells was effectively diminished by sesamin via inhibition of the activation of MMP-9 and MMP-2. In summary, this study demonstrated that sesamin suppresses MDA-MB231 breast cancer cells' proliferation and migration; and decreases the expression of PD-L1 via the downregulation of AKT, NF-κB, and JAK/Stat signaling. Therefore, sesamin may be an effective alternative and novel therapeutic option for immunotherapy in breast cancer cells with high PD-L1 expression.

Copyright © 2020 Elsevier B.V. All rights reserved.