国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

2-ピラゾリン誘導体の設計、合成、生物学的評価を行った | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Bioorg. Chem..2020 Jun;102:104063. S0045-2068(20)31360-2. doi: 10.1016/j.bioorg.2020.104063.Epub 2020-06-30.

2-ピラゾリン誘導体の設計、合成、生物学的評価を行った

Design, synthesis and biological evaluation of some new 2-Pyrazoline derivatives as potential anticancer agents.

  • Fatih Tok
  • Burçin İrem Abas
  • Özge Çevik
  • Bedia Koçyiğit-Kaymakçıoğlu
PMID: 32663669 DOI: 10.1016/j.bioorg.2020.104063.

抄録

新規カルコン誘導体からN-(4-(1-フェニル-5-アリル-4,5-ジヒドロ-1H-ピラゾール-3-イル)フェニル)-4-置換ベンズアミド誘導体を設計・合成した。合成した化合物はすべて、赤外分光法、H-NMR法、C-NMR法、元素分析法を用いて決定し、HeLa, MCF-7, MKN-45癌細胞株及びNIH-3T3細胞株に対するインビトロ抗増殖活性をMTTアッセイを用いて評価した。ウエスタンブロット分析によりBaxおよびBcl-2タンパク質の発現を検出し、カスパーゼ-3酵素活性を測定した。化合物1fおよび2fは、3つの癌細胞すべてにおいて有意な細胞毒性を示したが、NIH-3T3正常細胞では細胞毒性を示さなかった。(1fについては、HeLaではIC=26.66±2.73μM、MCF-7ではIC=9.41±2.19μM、MKN-45ではIC=5.17±3.54μMであった。HeLaではIC=17.96±3.34μM、MCF-7ではIC=0.69±0.13μM、2fではMKN-45でIC=0.88±0.16μMであった。)さらに、1fと2fは細胞内のBaxのタンパク質発現レベルを上昇させ、Bcl-2のタンパク質発現レベルを低下させた。同様に、1fおよび2fを介して細胞内のカスパーゼ-3活性が上昇した。このことから、1fと2fはHeLa, MCF-7, MKN-45でミトコンドリアのアポトーシスを誘導し、アポトーシスを活性化させたと結論づけられる。このことは、新たな抗がん剤の誘導体となる可能性があり、新たな治療法の開発に貢献する可能性があると考えられる。

A new series of N-(4-(1-Phenyl-5-aryl-4,5-dihydro-1H-pyrazol-3-yl)phenyl)-4-substitutedbenzamide derivatives were designed and synthesized from new chalcone derivatives. All newly synthesized compounds were determined by using IR, H-NMR, C-NMR spectroscopic methods, elemental analysis and evaluated for their in vitro antiproliferative activities on HeLa, MCF-7, MKN-45 cancer cell lines and NIH-3T3 cell line using MTT assay. Expression of Bax and Bcl-2 proteins was detected by Western-blot analysis and caspase-3 enzyme activity was measured. Notably, compounds 1f and 2f showed a significant cytotoxic effect in all three cancer cells and did not display cytotoxicity on NIH-3T3 normal cells. (IC = 26.66 ± 2.73 μM on HeLa, IC = 9.41 ± 2.19 μM on MCF-7, IC = 5.17 ± 3.54 μM on MKN-45 for 1f. IC = 17.96 ± 3.34 μM on HeLa, IC = 0.69 ± 0.13 μM on MCF-7, IC = 0.88 ± 0.16 μM on MKN-45 for 2f.) Moreover, 1f and 2f upregulated protein expression level of Bax and downregulated protein expression level of Bcl-2 in cells. Similarly, caspase-3 activity was increased in cells via 1f and 2f. It can be concluded that 1f and 2f activated apoptosis by inducing mitochondrial apoptotic proteins in HeLa, MCF-7, MKN-45. This could be potentially new anti-cancer derivatives and used to contribute to new therapeutic development.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.