国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

自己免疫疾患におけるIL-1ファミリーのサイトカインと受容体の役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Autoimmun Rev.2020 Jul;:102617. S1568-9972(20)30184-1. doi: 10.1016/j.autrev.2020.102617.Epub 2020-07-11.

自己免疫疾患におけるIL-1ファミリーのサイトカインと受容体の役割

The IL-1 family cytokines and receptors in autoimmune diseases.

  • Paola Migliorini
  • Paola Italiani
  • Federico Pratesi
  • Ilaria Puxeddu
  • Diana Boraschi
PMID: 32663626 DOI: 10.1016/j.autrev.2020.102617.

抄録

炎症におけるIL-1ファミリーのサイトカインと受容体の役割はよく知られています。このファミリーのいくつかのサイトカインは強力な炎症活性を有しており、IL-1βは最も特徴的な因子である。IL-1サイトカインの炎症活性は、受容体アンタゴニスト、可溶性受容体、抗炎症性サイトカインなど、このファミリーの他の因子によって調節されています。IL-1βの原因となる役割は、自己炎症性疾患において確立されており、主にIL-1β-maturing inflammasomeをコードする遺伝子の機能獲得突然変異が原因である。IL-1βやIL-18の産生亢進は、自己免疫疾患や慢性炎症性疾患、変性疾患においても疾患や重症度と相関していますが、それらが原因となる役割を持っているのか、それとも下流の疾患症状にのみ関与しているのかは明らかになっていません。自己免疫におけるIL-1ファミリーサイトカインの病理学的役割をよりよく理解するためには、生理反応においてIL-1介在性の炎症を制御し、投棄するフィードバック抗炎症機構の異常の可能性を病理学的状況においてより深く評価することが必要である。このように、IL-1サイトカインは、産生亢進に加えて、その制御機構に付随する障害があって初めて病原性を示すのではないかと期待されている。本レビューでは、IL-1ファミリーサイトカインの自己免疫疾患や慢性炎症性疾患、変性疾患における役割について、主に可溶性受容体/阻害剤と受容体拮抗剤を中心とした内因性の制御機構に焦点を当てて、現在の知見を検証する。これにより、これらの疾患の病態と臨床的特徴におけるIL-1サイトカインの関与について、知識に基づいた仮説を立てることができるようになります。

The role of the cytokines and receptors of the IL-1 family in inflammation is well known. Several cytokines of the family have a powerful inflammatory activity, with IL-1β being the best-characterized factor. The inflammatory activity of IL-1 cytokines is regulated by other factors of the family, including receptor antagonists, soluble receptors and anti-inflammatory cytokines. The causative role of IL-1β is well-established in autoinflammatory diseases, mainly due to gain-of-function mutations in genes encoding the IL-1β-maturing inflammasome. Exaggerated production of IL-1β and IL-18 correlates with disease and disease severity also in several autoimmune and chronic inflammatory and degenerative pathologies, although it is not clear whether they have a causative role or are only involved in the downstream disease symptoms. A better understanding of the pathological role of IL-1 family cytokines in autoimmunity involves a deeper evaluation, in the pathological situations, of the possible anomalies in the feed-back anti-inflammatory mechanisms that in physiological reactions control and dump IL-1-mediated inflammation. Thus, we expect that IL-1 cytokines may be pathogenic only when, in addition to enhanced production, there is a concomitant failure of their control mechanisms. In this review we will examine the current knowledge on the role of IL-1 family cytokines in autoimmune and chronic inflammatory and degenerative diseases, with a particular focus on their endogenous control mechanisms, mainly based on soluble receptors/inhibitors and receptor antagonists. This will allow us to formulate a knowledge-based hypothesis on the involvement of IL-1 cytokines in the pathogenesis vs. the clinical features of these diseases.

Copyright © 2020. Published by Elsevier B.V.