国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

欧州大腸肛門外科学会(ESCP) 大腸ロボット手術トレーナー養成コース(TTT) - 初のパイロット体験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Colorectal Dis.2020 Jul;doi: 10.1111/codi.15265.Epub 2020-07-14.

欧州大腸肛門外科学会(ESCP) 大腸ロボット手術トレーナー養成コース(TTT) - 初のパイロット体験

European Society of Coloproctology (ESCP) Colorectal Robotic Surgery Training for the Trainers (TTT) Course - the first pilot experience.

  • N J Eardley
  • K E Matzel
  • M Gómez Ruiz
  • J S Khan
  • S A Riley
  • M T Donnelly
  • S Tou
PMID: 32663345 DOI: 10.1111/codi.15265.

抄録

エイム:

現在、確立された大腸肛門特化型ロボット手術のTrain the Trainer (TTT)コースは存在しない。目的は、このようなコースを開発し、評価することであり、これをさらに発展させ、計画されている欧州大腸肛門外科学会 (ESCP) / 欧州大腸肛門外科学校 (ESC) のロボットによる大腸肛門外科トレーニングカリキュラムに組み込むことができるようにすることである。

AIM: Currently there is no established colorectal specific robotic surgery Train the Trainer (TTT) Course. The aim was to develop and evaluate such a course which can then be further developed to be incorporated within the planned European Society of Coloproctology (ESCP) / European School of Coloproctology (ESC) robotic colorectal surgery training curriculum.

方法:

METHOD: After identifying the need for such a course within a training programme, the course was developed by a subgroup of the ESCP/ESC. A scoping literature review was performed and the content and materials for the course were developed by a team consisting of two gastroenterologists with a combined experience of 30 years of facilitating TTT courses, a robotic surgeon & proctor with laparoscopic TTT faculty experience and experienced robotic and laparoscopic colorectal trainers. The course was evaluated by asking delegates to complete pre and post-course questionnaires.

結果:

このコースにはヨーロッパ中から 8 名の参加者が参加した。参加者は、コースの学習目標のそれぞれについて知識を深め、実践を変えるための学習ポイントを特定した。コースの参加者からのフィードバックは、いくつかの分野で肯定的なものであり、全員がコースを受講して自分の目的を達成したと感じていた。

RESULTS: There were 8 delegates on the course from across Europe. Delegates increased their knowledge of each of the course learning objectives and identified learning points in order to change practice. The feedback from the delegates of the course was positive across several areas and all felt that they had achieved their own personal objectives in attending the course.

結論:

今回のパイロットコースは目的を達成し、多くの成果をあげた。このようなコースが必要とされており、評価の過程で反省の機会が得られたことから、将来のロボット大腸TTTコースの開発・調整が可能となり、ロボットトレーニングのさらなる発展に貢献することが期待される。この論文は、文献に何を追加しますか?大腸ロボット TTT コースの必要性は以前にも確認されており、本研究ではヨーロッパレベルの学会が主催した初の 大腸ロボット TTT コースの肯定的な結果を紹介している。

CONCLUSION: This pilot robotic colorectal TTT course has achieved its aim and demonstrated many positives. There is a need for such a course and the evaluation processes have provided opportunities for reflection, which will allow the development/tailoring of future robotic colorectal TTT courses to help develop robotic training further. WHAT DOES THIS PAPER ADD TO THE LITERATURE?: The need for a colorectal robotic TTT course has previously been identified and this study presents the positive results of the first colorectal specific robotic TTT course which has been organised by a Scientific Society at a European level.

This article is protected by copyright. All rights reserved.