会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

慢性脊髄損傷の長期手動車いす利用者におけるロボット外骨格を用いた地上歩行プログラムの効果.自己対照介入研究のためのプロトコル | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
JMIR Res Protoc.2020 Jul;doi: 10.2196/19251.Epub 2020-07-07.

慢性脊髄損傷の長期手動車いす利用者におけるロボット外骨格を用いた地上歩行プログラムの効果.自己対照介入研究のためのプロトコル

Effects of an Overground Walking Program with a Robotic Exoskeleton in Long-Term Manual Wheelchair Users with a Chronic Spinal Cord Injury: Protocol for a Self-Controlled Interventional Study.

  • Alec Bass
  • Mylène Aubertin-Leheudre
  • Claude Vincent
  • Antony D Karelis
  • Suzanne N Morin
  • Michelle McKerral
  • Cyril Duclos
  • Dany H Gagnon
PMID: 32663160 DOI: 10.2196/19251.

抄録

背景:

脊髄損傷を負った車椅子使用者(WUSCI)では、長時間の非活動的な座位時間と身体活動の低下が、この移動手段に典型的に関連して、慢性的な痛みや心理的な病的状態のリスクの増加と関連して、心肺系、筋骨格系、内分泌代謝系の健康合併症の発生や悪化に寄与している。限られたエビデンスでは、装着型ロボット外骨格(WRE)を用いた歩行プログラムが、これらの有害な健康影響に対抗するための有望な身体活動介入である可能性が示唆されている。

BACKGROUND: In wheelchair users with a spinal cord injury (WUSCI), prolonged non-active sitting time and reduced physical activity-typically linked to this mode of mobility-contribute to the development or exacerbation of cardiorespiratory, musculoskeletal, and endocrine-metabolic health complications that are often linked to increased risks of chronic pain or psychological morbidity. Limited evidence suggests that engaging in a walking program with a wearable robotic exoskeleton (WRE) may be a promising physical activity intervention to counter these detrimental health effects.

目的:

本研究の全体的な目標は以下の通りです。1)16週間のWRE補助歩行プログラムが有機的システム、機能的能力、および多面的な心理社会的要因に及ぼす影響、および2)介入および装置に関する自己報告された満足度と視点。

OBJECTIVE: This study's overall goals are to determine: 1) the effects of a 16-week WRE-assisted walking program on organic systems, functional capacities, and multifaceted psychosocial factors, and 2) self-reported satisfaction and perspectives with regard to the intervention and the device.

METHODS:

20人のWUSCI(>18ヶ月)は、16週間(1-3セッション/週)の期間中に理学療法士が監修した地上でのWRE支援歩行プログラム(34セッション、60分/セッション)を完了します。データはプログラム終了の1ヶ月前、開始時、終了時、2ヶ月後に収集される。評価では、社会人口統計学的特徴、人間学的パラメータ、知覚運動障害、疼痛、下肢の可動域と痙縮、車椅子の能力、心肺機能のフィットネス、上肢の強度、大腿骨、脛骨、橈骨の骨構造とミネラル密度、総体および地域の身体組成、健康関連の生活の質、心理的健康を特徴づけることができる。インタビューとオンラインアンケートを実施し、プログラム終了時の利用者の満足度と視点を測定する。反復測定のための適切なパラメトリックまたはノンパラメトリックの分散分析を用いて、測定時間間の差異を検証する。

METHODS: Twenty WUSCI (>18 months) will complete an overground WRE-assisted walking program (34 sessions; 60 min/session), supervised by a physiotherapist, during a 16-week period (1-3 sessions/week). Data will be collected 1-month prior, at the beginning, at the end, and 2 months after completing the program. Assessments will characterize sociodemographic characteristics; anthropometric parameters; sensorimotor impairments; pain; lower extremity range of motion and spasticity; wheelchair abilities; cardiorespiratory fitness; upper extremity strength; bone architecture and mineral density at the femur, tibia and radius; total and regional body composition; health-related quality of life; and psychological health. Interviews and an online questionnaire will be conducted to measure users' satisfaction and perspectives at the end of the program. Differences across measurement times will be verified using appropriate parametric or nonparametric analyses of variance for repeated measures.

結果:

この研究は現在、カナダのケベック州モントリオールで積極的な募集が行われている。結果は2021年(春)に予想されています。

RESULTS: This study is currently underway with active recruitment in Montréal, Québec, Canada. Results are expected in 2021 (spring).

結論:

本研究の結果は、将来、地域社会で提供されるエビデンスに基づいたWRE支援歩行プログラムの開発、実施、評価の指針となり、脊髄損傷後の初期リハビリテーションにおけるWREの使用についての考察を開始するために不可欠である。

CONCLUSIONS: The results from this study will be essential to guide the development, implementation, and evaluation of future evidence-based WRE-assisted walking programs offered in the community, and to initiate a reflection regarding the use of WRE during initial rehabilitation following a spinal cord injury.

臨床試験:

米国国立医学図書館(clinicaltrials.gov)、NCT03989752。2019年6月7日登録。

CLINICALTRIAL: U.S. National Library of Medicine (clinicaltrials.gov), NCT03989752. Registered on June 7, 2019.