国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ドライアイ症状と関連した眼瞼縁の網膜隆起とメイボミアン腺機能不全の炎症性サイトカイン | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr. Eye Res..2020 Jul;doi: 10.1080/02713683.2020.1788102.Epub 2020-07-14.

ドライアイ症状と関連した眼瞼縁の網膜隆起とメイボミアン腺機能不全の炎症性サイトカイン

Rete ridges in eyelid margin and inflammatory cytokines in meibomian gland dysfunction associated with dry eye symptom.

  • Min Li
  • Yunjie Yu
  • Ying Yuan
  • Peng Wang
  • Xiaojun Hu
  • Chengcheng Zhu
  • Bilian Ke
PMID: 32663037 DOI: 10.1080/02713683.2020.1788102.

抄録

目的:

本研究では、ドライアイ症状に伴う眼瞼縁部の隆起の形態と機能、およびドライアイ症状に伴うメイボミアン腺機能障害(MGD)における炎症性サイトカインを評価することを目的とした。

PURPOSE: To evaluate the morphology and function of rete ridges in eyelid margin and inflammatory cytokines in meibomian gland dysfunction (MGD) associated with dry eye symptom.

方法:

OSDIスコア≧13の被験者63名をMGD群と無MGD群に登録した。主な測定項目は、涙サイトカインレベルとrete ridges morphologyであった。

METHODS: A total of 63 subjects with OSDI score≥13 were enrolled in MGD group and no-MGD group. Main measurements included tear cytokines levels and the rete ridges morphology.

結果:

MEIBOMIAN GLAND LOSS(MGL)、角膜染色スコア(CSS)、IL-6とTNF-αが増加し、MEIBOMIAN GLAND SHORTURE(MGS)が減少し、レテ隆起の密度が低く、レテ隆起の最長径と短径がMGD群で長くなっていた。MGD群はMGLとBUTとMGSに負の相関を示したが、CSSとは正の相関を示した。CSSはIL-6と負の相関を示した。LLTはIL-2およびIL-4と負の相関を示した。眼瞼縁のレテ隆起の最短径は、IL-2、IL-4、IL-10、IFN-γレベルと有意な正の相関を示した。

RESULTS: meibomian gland loss (MGL), corneal staining score (CSS), and IL-6 and TNF-α increased, meibomian gland secretion (MGS) decreased, the density of the rete ridges was lower, the longest diameters and shortest diameters of the rete ridges were longer in MGD group. The MGD group showed a negative correlation between MGL and BUT and MGS, but it showed a positive correlation with CSS. CSS was negatively correlated with IL-6. LLT was negatively correlated with IL-2 and IL-4. The shortest diameters of rete ridges in eyelid margin had a significant positive correlation with IL-2, IL-4, IL-10, and IFN-γ levels.

結論:

胚葉腺機能の変化と眼底隆起の形態は眼表面の損傷と何らかの相関関係があると考えられる。また、いくつかの炎症性サイトカインはrete ridgesの形態変化と相関しており、眼表面機能に影響を与えている可能性があることがわかった。

CONCLUSION: change of meibomian gland function and the rete ridges morphology might have some correlation with the injury to ocular surface. Some inflammatory cytokines were correlated with the change of the rete ridges morphology, which might in turn affect the ocular surface function.