国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

腸チフス毒素中和ヒトモノクローナル抗体の作製と特性評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Infect. Immun..2020 Jul;IAI.00292-20. doi: 10.1128/IAI.00292-20.Epub 2020-07-13.

腸チフス毒素中和ヒトモノクローナル抗体の作製と特性評価

Generation and characterization of typhoid toxin-neutralizing human monoclonal antibodies.

  • Xuyao Jiao
  • Sarah Smith
  • Gabrielle Stack
  • Qi Liang
  • Allan Bradley
  • Paul Kellam
  • Jorge E Galán
PMID: 32661121 DOI: 10.1128/IAI.00292-20.

抄録

腸チフス毒素は、腸チフス熱の原因菌であるTyphiの病原性因子であり、重症化の症状に関与していると考えられている。この毒素は、ADPリボシル転移酵素PltAとデオキシリボヌクレアーゼCdtBの2つの活性サブユニットが五員環Bサブユニットに連結されたユニークなA2B5構造を有しており、PltBまたはPltCから交互に作られている。ここでは、ヒト免疫グロブリン可変領域遺伝子のフルセットを有する遺伝子操作マウスを免疫することによるチフス毒素中和ヒトモノクローナル抗体の生成および特性化について述べる。その結果、強力な毒素中和活性を有し、異なる毒素中和機構を有するいくつかのモノクローナル抗体を同定した。これらの抗体は、腸チフスに対する新規治療法の開発の基盤となる可能性がある。

Typhoid toxin is a virulence factor of Typhi, the causative agent of typhoid fever, and thought to be responsible for the symptoms of severe disease. This toxin has a unique A2B5 architecture with two active subunits, the ADP ribosyl transferase PltA and the deoxyribonuclease CdtB, linked to a pentameric B subunit, which is alternatively made of PltB or PltC. Here we describe the generation and characterization of typhoid-toxin-neutralizing human monoclonal antibodies by immunizing genetically engineered mice that have a full set of human immunoglobulin variable region genes. We identified several monoclonal antibodies with strong and toxin neutralizing activity and different mechanisms of toxin neutralization. These antibodies could serve as the bases for the development of novel therapeutic strategies against typhoid fever.

Copyright © 2020 American Society for Microbiology.