国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

早産で生まれた乳児のドコサヘキサエン酸の補充と18ヶ月補正年齢での注意力への効果:N3RO無作為化比較試験のサブセットのフォローアップ | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Br. J. Nutr..2020 Jul;:1-26. S0007114520002500. doi: 10.1017/S0007114520002500.Epub 2020-07-14.

早産で生まれた乳児のドコサヘキサエン酸の補充と18ヶ月補正年齢での注意力への効果:N3RO無作為化比較試験のサブセットのフォローアップ

Docosahexaenoic acid supplementation in infants born preterm and the effect on attention at 18 months' corrected age: follow-up of a subset of the N3RO randomised controlled trial.

  • Erandi Hewawasam
  • Carmel T Collins
  • Beverly S Muhlhausler
  • Lisa N Yelland
  • Lisa G Smithers
  • John C Colombo
  • Maria Makrides
  • Andrew J McPhee
  • Jacqueline F Gould
PMID: 32660658 DOI: 10.1017/S0007114520002500.

抄録

早産で生まれた乳児は、この集団における神経発達障害の有病率の増加に寄与すると仮定されている妊娠の最後の学期中に脳への子宮内ドコサヘキサエン酸(DHA)の降着のピーク期間を逃しています。この研究は、早産で生まれた乳児のDHAの補充が18ヶ月補正年齢で注意力を向上させるかどうかを判断することを目的とした。これは、N3RO無作為化比較試験に参加した乳児のサブセットのフォローアップである。乳児は、36週後の月経年齢まで、出生後数日以内から高用量DHA(60 mg/kg/日)またはDHAなし(大豆油 - コントロール)の経腸乳濁液を受けるように無作為に割り付けられた。注意の評価は、競争または気晴らしの有無のいずれかでおもちゃ/sに注意を維持するために子供を必要とする3つのタスクを含んでいた。主要アウトカムは、おもちゃに注意が集中したときの子どもの注意散漫性の潜時であった。主要アウトカムは、参加資格のある120人の乳児のうち73人の乳児が対象であった。注意散漫の潜時における群間差の証拠はなかった(調整平均差:0.08秒、95%CI:-0.81、0.97;P=0.86)。経腸的DHA補給は、18ヵ月補正年齢で早産で生まれた乳児の注意力の改善には至らなかった。

Infants born preterm miss out on the peak period of in utero docosahexaenoic acid (DHA) accretion to the brain during the last trimester of pregnancy which is hypothesized to contribute to the increased prevalence of neurodevelopmental deficits in this population. This study aimed to determine whether DHA supplementation in infants born preterm improves attention at 18 months corrected age. This is a follow-up of a subset of infants who participated in the N3RO randomised controlled trial. Infants were randomised to receive an enteral emulsion of high-dose DHA (60 mg/kg/day) or no DHA (soy oil - control) from within the first days of birth until 36 weeks' post menstrual age. The assessment of attention involved 3 tasks requiring the child to maintain attention on toy/s in either the presence or absence of competition or a distractor. The primary outcome was the child's latency of distractibility when attention was focused on a toy. The primary outcome was available for 73 infants of the 120 infants that were eligible to participate. There was no evidence of a difference between groups in the latency of distractibility (adjusted mean difference: 0.08 s, 95% CI: -0.81, 0.97; P = 0.86). Enteral DHA supplementation did not result in improved attention in infants born preterm at 18 months corrected age.