会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ケニアの沿岸地域に通う思春期の女子生徒の教育的および心理社会的コンピテンシーにおける学年内変動:学校に基づく介入の意味合い | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Public Health.2020 Jul;20(1):1097. 10.1186/s12889-020-09097-3. doi: 10.1186/s12889-020-09097-3.Epub 2020-07-13.

ケニアの沿岸地域に通う思春期の女子生徒の教育的および心理社会的コンピテンシーにおける学年内変動:学校に基づく介入の意味合い

Intra-grade variability in educational and psychosocial competencies of school going adolescent girls, in the coastal region of Kenya: implications for school based interventions.

  • Beth Kangwana
  • Eunice Muthengi
  • Karen Austrian
PMID: 32660644 PMCID: PMC7359008. DOI: 10.1186/s12889-020-09097-3.

抄録

背景:

思春期と月経の始まりは、女の子にとって潜在的に脆弱な時期である。教育的および心理社会的コンピテンシーは、思春期をうまくナビゲートするためにそれらに力を与える不可欠なツールとみなされています。本研究の目的は、学校に通う女児がこれらの重要な能力をどの程度備えているか、また、それらが特定の学年コホートでどのように異なるかを評価することである。

BACKGROUND: The onset of puberty and menarche is a potentially vulnerable time for girls. Educational and psychosocial competencies are regarded as essential tools that empower them to successfully navigate the adolescent years. The aim of this study is to evaluate to what extent school going girls are equipped with these key competencies, and how they vary across a given grade cohort.

方法:

ケニアのキリフィ郡で、3つの小郡にまたがる140の公立小学校の7年生からデータを収集した。二変量解析と多変量解析を行い、10-14歳と15歳以上の年齢層別にコンピテンシーの結果を比較した。アウトカムが二値アウトカムとして測定された場合はロバスト標準誤差を用いた一般化推定式を用い、連続アウトカムについては線形回帰を用いた。クラスタリングは学校レベルで、層別化は郡レベルで考慮した。連続アウトカムが正規分布していない場合は、クラスタリング効果を組み込んだWilcoxon Rank sum 検定を用いた。

METHODS: Data was collected in Kilifi County, Kenya, from 140 public primary schools from grade 7, across three sub-counties. Bivariate and multivariate analyses were carried out to compare competency outcomes by age groups comprising 10-14 years and 15 year and above. Generalized estimating equations with robust standard errors was used where outcomes were measured as binary outcomes, and linear regression for continuous outcomes. Clustering was factored in at the school level and stratification at the subcounty level. Wilcoxon Rank sum test incorporating clustering effects was used where continuous outcomes were not normally distributed.

結果:

平均年齢14歳(SD:1.5、最小:10、最大:21)の合計3489人の思春期の女児が面接を受けた。低年齢群と比較して、高年齢群の女子は中等学校以降の進学を希望している可能性が低く(オッズ比(OR):0.63(95%CI:0.53, 0.74))、授業で質問に答えるほど自信がないと報告する可能性が高く(OR:1.18(95%CI:1.02, 1.36)、認知テスト、数学、識字テストの得点が低かった。彼らはまた、ポジティブなジェンダー規範(係数(coff):-0.091 (95%CI:-0.16, -0.022))をあまり示さず、結婚における親密なパートナーからの暴力に賛成する傾向が強かった(係数(coff):1.17 (95%CI:1.00, 1.37))。しかし、彼らは意思決定尺度のスコアが高く(係数:0.36(95%CI:0.13、0.60))、自発的に近代的な避妊方法を挙げることができる可能性が高い(OR:1.56(95%CI:1.36、1.80))。

RESULTS: A total of 3489 adolescent girls were interviewed with a mean age of 14 years (SD:1.5; min:10, max:21). Compared to the lower age group, girls in the higher age group were less likely to have ambitions of furthering their education beyond secondary school (odds ratio (OR):0.63 (95%CI:0.53, 0.74)), more likely to report not feeling confident enough to answer questions in class (OR:1.18 (95%CI:1.02, 1.36) and scored lower on their cognitive, math and literacy tests. They also displayed less positive gender norms (coefficient (coeff):-0.091 (95%CI:-0.16, - 0.022)) and were more likely to agree with intimate-partner violence in marriage (coeff:1.17 (95%CI:1.00, 1.37)). They however scored higher on the decision-making scale (coeff:0.36 (95%CI:0.13, 0.60)) and were more likely to be able to spontaneously name a method of modern contraception (OR:1.56 (95%CI:1.36, 1.80)).

結論:

学年内での年齢の出口に大きなばらつきがある。年長の女児と比較して、年少の女児は教育的および社会的コンピテンシーの成績が良い傾向にあった。学年ごとの年齢差が大きい国では、教育的および心理社会的能力にばらつきがあることを特定することで、学年内のさまざまなニーズに対応するために学校に基づく介入をどのように適応させるべきかについて、十分な情報に基づいた決定を下すことができるようになる。

CONCLUSION: Large variability in age exits within a grade. Compared to older girls, younger girls were more likely to perform better on their educational and social competencies. In countries with large age ranges per grade, identifying the presence of educational and psychosocial competency variabilities will allow informed decisions to be made on how school-based interventions should be adapted to address the varying needs within a grade.

試験登録:

ISRCTN10894523 , 登録日:2017/08/22。遡及的に登録されている。

TRIAL REGISTRATION: ISRCTN10894523 , date of registration: 22/08/2017. Retrospectively registered.