国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ラオスの集中治療室の患者における急性腎障害の疫学と短期転帰:全国的な多施設、プロスペクティブ、観察研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Med.2020 Jul;18(1):180. 10.1186/s12916-020-01645-3. doi: 10.1186/s12916-020-01645-3.Epub 2020-07-14.

ラオスの集中治療室の患者における急性腎障害の疫学と短期転帰:全国的な多施設、プロスペクティブ、観察研究

Epidemiology and short-term outcomes of acute kidney injury among patients in the intensive care unit in Laos: a nationwide multicenter, prospective, and observational study.

  • Noot Sengthavisouk
  • Nuttha Lumlertgul
  • Chanmaly Keomany
  • Phonepadith Banouvong
  • Phetvilay Senavong
  • Sidavone Sayyaphet
  • Sakountala Binbundith
  • Win Kulvichit
  • Sadudee Peerapornratana
  • Kearkiat Praditpornsilpa
  • Kriang Tungsanga
  • Somchai Eiam-Ong
  • Nattachai Srisawat
PMID: 32660536 PMCID: PMC7358323. DOI: 10.1186/s12916-020-01645-3.

抄録

背景:

急性腎障害(AKI)は世界的な健康問題となっている。ラオスにおけるAKIの負担についてはほとんど知られていない。本研究では、ラオスにおけるAKIの負担と転帰を評価するとともに、AKI治療の有効性を評価することを目的とした。

BACKGROUND: Acute kidney injury (AKI) has become a global health issue. Little is known about the disease burden in Laos. We aimed to evaluate the burden and outcomes of AKI as well as assess the availability of AKI treatment in Laos.

方法:

ラオスの5つの集中治療室(ICU)に入院した成人患者を対象とした多施設共同前向き観察研究を実施した。データはICU入院後28日目から連続的に収集した。患者は2012年のKDIGO基準でAKIと診断された。我々はAKIの発生を主要アウトカムとし、AKIの発生とアウトカムに関する危険因子を検討した。

METHODS: We performed a multicentric prospective observational study in adult patients who had been admitted to 5 intensive care units (ICU) in Laos. The data was serially collected on the first 28 days of ICU admission. Patients were diagnosed by the KDIGO 2012 criteria for AKI. We used AKI occurrence as the primary outcome and explored risk factors on the development and outcomes of AKI.

結果:

2016年1月から12月にかけて、ラオス全土の5つのICUセンターから1480人の患者を登録した。末期腎疾患を有する患者とデータが不完全な患者を除外した後、登録された1460例中508例(34.8%)でAKIが発生した。全体として、AKIの最大病期分類率は、ステージ1が4%、ステージ2が10.3%、ステージ3が20.5%であった。AKIの危険因子は、高齢、肥満、心血管疾患、呼吸器疾患、腎疾患、腫瘍性疾患、慢性腎臓疾患であった。RRTを受けたのは全参加者の1.8%のみであった。死亡率は、非AKI患者では28.4%であったのに対し、AKI患者では44.5%であり、AKIの病期に応じて増加した(病期1、4.9%、病期2、28.3%、病期3、66.8%、P<0.001)。医学的助言に反して退院した患者は13.6%であった。

RESULTS: We enrolled 1480 patients from 5 ICU centers across Laos from January to December 2016. After excluding patients with end-stage renal disease and those with incomplete data, AKI occurred in 508 of the 1460 enrolled patients (34.8%). Overall, the rates of maximum AKI staging were 4% for stage 1, 10.3% for stage 2, and 20.5% for stage 3. Risk factors for AKI were older age, obesity, cardiovascular diseases, respiratory diseases, renal diseases, oncologic diseases, and chronic kidney diseases. Only 1.8% of all participants received RRT. The mortality rate was 28.4% in non-AKI patients compared to 44.5% in AKI patients, which increased according to the stage of AKI (stage 1, 4.9%; stage 2, 28.3%; stage 3 66.8%; P < 0.001). There were 13.6% who were discharged against medical advice.

結論:

ラオスではAKIの認知度が低く、治療成績が悪いため、AKIは大きな負担となっている。

CONCLUSIONS: AKI is a huge burden in Laos with under-recognition and poor outcomes.