会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アルコール使用における男女格差の阻害要因としての子育て:中国の思春期初期の児童生徒の事例 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Public Health.2020 Jul;20(1):1098. 10.1186/s12889-020-09195-2. doi: 10.1186/s12889-020-09195-2.Epub 2020-07-13.

アルコール使用における男女格差の阻害要因としての子育て:中国の思春期初期の児童生徒の事例

Parenting as an inhibitor of gender disparities in alcohol use: the case of early adolescents in China.

  • Ai Bo
  • James Jaccard
PMID: 32660454 PMCID: PMC7359565. DOI: 10.1186/s12889-020-09195-2.

抄録

背景:

アルコール使用における性差は、中国の思春期初期の青少年の間で米国よりも実質的であるが、これはおそらく中国文化の中では女の子よりも男の子の方が飲酒に寛容な規範を持っているためであると考えられる。この研究では、アルコールの初期実験における性差は、一般的な子育ての実践によって減少させることができるという理論を検証した。従来の研究では、アルコール使用における性差の媒介因子が同定されていたのに対し、今回の研究では、性差の媒介因子を特定し、予防プログラムへの影響を明らかにした。

BACKGROUND: Gender differences in alcohol use are more substantial among early adolescents in China than in the United States, presumably because of more permissive drinking norms for boys than girls in Chinese culture. This study tested a theory that gender differences in early experimentation with alcohol can be reduced through general parenting practices. Whereas traditional research has identified mediators of gender differences in alcohol use, the current research isolated moderators of gender differences and developed their implications for prevention programs.

方法:

本研究では、中国グローバル学校別生徒健康調査(4 都市の中学生 n=8805 人)のデータを分析した。青少年は教室で匿名の調査に回答した。本研究では、ロバスト標準誤差を用いた重回帰を用いて、性別と子育て変数の相互作用効果を検討した。

METHODS: The study analyzed the data from the China Global School-Based Student Health Survey (n = 8805 middle school students in four cities). Youth completed anonymous surveys in classroom settings. The study examined interaction effects between gender and parenting variables using multiple regression with robust standard errors.

結果:

思春期初期の男子は、すべての飲酒の結果において女子よりも高い飲酒レベルを示した。飲酒における性差は、知覚された親の監視、思春期の学校成績への親の関与、親の共感のレベルと非線形に関連していた。

RESULTS: Early adolescent boys exhibited higher levels of drinking than girls for all drinking outcomes. The gender differences in drinking were negatively associated with the level of perceived parental monitoring, parental involvement in adolescent school performance, and parental empathy in a nonlinear way.

結論:

その結果、一般的な子育ての実践に対する初期の思春期の若者の認識が、アルコール使用における性差を非線形に緩和することが示唆された。

CONCLUSIONS: Results suggested that early adolescents' perceptions of general parenting practice nonlinearly moderated gender disparities in alcohol use.