会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ケニアにおける子宮頸がん予防プログラムにおける治療に対するシステムレベルの障壁。いくつかの観察研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2020;15(7):e0235264. PONE-D-20-09639. doi: 10.1371/journal.pone.0235264.Epub 2020-07-13.

ケニアにおける子宮頸がん予防プログラムにおける治療に対するシステムレベルの障壁。いくつかの観察研究

Systems-level barriers to treatment in a cervical cancer prevention program in Kenya: Several observational studies.

  • Charlotte M Page
  • Saduma Ibrahim
  • Lawrence P Park
  • Megan J Huchko
PMID: 32658921 DOI: 10.1371/journal.pone.0235264.

抄録

目的:

ケニアの子宮頸がん予防プログラムにおいて、高リスクのヒトパピローマウイルス(hrHPV)陽性と判定された女性の治療に対する医療システムレベルの障壁を特定する。

OBJECTIVE: To identify health systems-level barriers to treatment for women who screened positive for high-risk human papillomavirus (hrHPV) in a cervical cancer prevention program in Kenya.

方法:

2018-2019年にケニア西部で行われたhrHPVベースの子宮頸がん検診の実施戦略の試験では、女性はコミュニティの保健キャンペーンを通じて提供されたhrHPV検査を受け、陽性と判定された女性は凍結療法のために政府の保健施設に紹介された。今回の分析では、この試験の治療データに加えて、1)治療のためのリソースの利用可能性を確認するための治療施設の定期的な評価、および2)ケアの障壁についての見解を引き出すための治療提供者へのアンケート調査という2つの観察研究を実施した。治療施設の評価データについては二変量解析を行い、治療提供者調査データについては記述的に解析した。

METHODS: In a trial of implementation strategies for hrHPV-based cervical cancer screening in western Kenya in 2018-2019, women underwent hrHPV testing offered through community health campaigns, and women who tested positive were referred to government health facilities for cryotherapy. The current analysis draws on treatment data from this trial, as well as two observational studies that were conducted: 1) periodic assessments of the treatment sites to ascertain availability of resources for treatment and 2) surveys with treatment providers to elicit their views on barriers to care. Bivariate analyses were performed for the site assessment data, and the provider survey data were analyzed descriptively.

結果:

3つの治療施設で17の施設評価が実施された。3施設すべてで供給品の在庫切れの事例が報告され、2施設では供給品の不足による治療の遅れが、2施設では提供者の要因による治療の遅れが報告された。調査対象となった16施設のうち、10施設(67%)がHPVと子宮頸がんに関する知識の欠如を治療を受けることを決定する際の主な障壁と認識し、7施設(47%)が交通費や育児費などの経済的な障壁を治療を受ける際の主な障壁と認識していた。8人(50%)は、治療費を無料で提供することが治療の最大の促進要因であることを支持した。

RESULTS: Seventeen site assessments were performed across three treatment sites. All three sites reported instances of supply stockouts, two sites reported treatment delays due to lack of supplies, and two sites reported treatment delays due to provider factors. Of the 16 providers surveyed, ten (67%) perceived lack of knowledge of HPV and cervical cancer as the main barrier in women's decision to get treated, and seven (47%) perceived financial barriers for transportation and childcare as the main barrier to accessing treatment. Eight (50%) endorsed that providing treatment free of cost was the greatest facilitator of treatment.

結論:

治療を受けるための患者教育と経済的支援は、HRHPV+女性の治療受診率を高めるための介入の可能性のある分野である。また、治療を受ける女性の治療を妨げる障壁を取り除くことも重要であり、十分な治療用品やスタッフの確保を含めて、治療を受ける女性の治療を妨げる障壁を取り除くことが重要である。

CONCLUSION: Patient education and financial support to reach treatment are potential areas for intervention to increase rates of hrHPV+ women presenting for treatment. It is also essential to eliminate barriers that prevent treatment of women who present, including ensuring adequate supplies and staff for treatment.