国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

腸内マイクロバイオームと外来生物学。知識ギャップの特定 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Toxicol. Sci..2020 Jul;176(1):1-10. 5862611. doi: 10.1093/toxsci/kfaa060.

腸内マイクロバイオームと外来生物学。知識ギャップの特定

The Gut Microbiome and Xenobiotics: Identifying Knowledge Gaps.

  • Vicki L Sutherland
  • Charlene A McQueen
  • Donna Mendrick
  • Donna Gulezian
  • Carl Cerniglia
  • Steven Foley
  • Sam Forry
  • Sangeeta Khare
  • Xue Liang
  • Jose E Manautou
  • Donald Tweedie
  • Howard Young
  • Alexander V Alekseyenko
  • Frank Burns
  • Rod Dietert
  • Alan Wilson
  • Connie Chen
PMID: 32658296 DOI: 10.1093/toxsci/kfaa060.

抄録

腸内マイクロバイオームが人間の健康や病気に重要な役割を果たしているという認識が高まっているが、メカニズム論的な洞察が不足していることが多い。2018年6月、健康環境科学研究所(HESI)はワークショップ「The Gut Microbiome.The Markers of Human Health, Drug Efficacy and Xenobiotic Toxicity」(https://hesiglobal.org/event/the-gut-microbiome-workshop)を開催し、腸内マイクロバイオームの変化がヒトの健康にどのように影響するかを判断する上でのデータギャップを明らかにした。学術、政府、産業界からの講演者や関係者が、腸内マイクロバイオーム、内因性および外因性代謝物、バイオマーカー、モデルシステムなど、腸内マイクロバイオームに関する現在の科学を含む複数のトピックについて講演しました。ワークショップでの発表とグループディスカッションは、データギャップと研究ニーズを特定するための基礎となりました。出てきた2つの重要な課題は、健康に関連する微生物の組成と機能を定義することと、研究を比較・複製する能力を高めるためのモデル、方法、分析の標準を開発することであった。一連の重要な提言は、宿主と微生物の相互作用と異生物学的物質への曝露の影響をさらに理解し、微生物関連疾患や毒性のバイオマーカーを特定するための努力に焦点を当てるために策定された。

There is an increasing awareness that the gut microbiome plays a critical role in human health and disease, but mechanistic insights are often lacking. In June 2018, the Health and Environmental Sciences Institute (HESI) held a workshop, "The Gut Microbiome: Markers of Human Health, Drug Efficacy and Xenobiotic Toxicity" (https://hesiglobal.org/event/the-gut-microbiome-workshop) to identify data gaps in determining how gut microbiome alterations may affect human health. Speakers and stakeholders from academia, government, and industry addressed multiple topics including the current science on the gut microbiome, endogenous and exogenous metabolites, biomarkers, and model systems. The workshop presentations and breakout group discussions formed the basis for identifying data gaps and research needs. Two critical issues that emerged were defining the microbial composition and function related to health and developing standards for models, methods and analysis in order to increase the ability to compare and replicate studies. A series of key recommendations were formulated to focus efforts to further understand host-microbiome interactions and the consequences of exposure to xenobiotics as well as identifying biomarkers of microbiome-associated disease and toxicity.

Published by Oxford University Press on behalf of the Society of Toxicology 2020. This work is written by US Government employees and is in the public domain in the US.