国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

肺環境における免疫細胞と炎症性メディエーターの特性評価 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Vis Exp.2020 Jun;(160). doi: 10.3791/61359.Epub 2020-06-24.

肺環境における免疫細胞と炎症性メディエーターの特性評価

Characterization of Immune Cells and Proinflammatory Mediators in the Pulmonary Environment.

  • Kelly L Monaghan
  • Breanne Y Farris
  • Wen Zheng
  • Edwin C K Wan
PMID: 32658184 DOI: 10.3791/61359.

抄録

複数のサイトカインおよびケモカインの発現によって制御される肺への免疫細胞の拡張、活性化、およびトラフィッキングは、重度の脳損傷によって変化する可能性がある。これは、肺炎が虚血性脳梗塞に罹患した患者における死亡率の主要な原因であるという事実によって証明されている。本プロトコルの目的は、肺胞マクロファージ、間質性マクロファージ、CD103+またはCD11b+樹状細胞(DC)を含むマウスの肺における13種類の免疫細胞を同定するための多色フローサイトメトリー分析の使用を記載することである。本研究では、一過性中大脳動脈閉塞による虚血性脳梗塞誘発後の肺ホモジネートを用いて、形質細胞性DC、好酸球、単球・単球由来細胞、好中球、リンパ球由来T・B細胞、NK細胞、NKT細胞の発現量を測定し、その結果を報告する。さらに、我々は、フローサイトメトリー分析と結合したマルチプレックスビーズアレイを使用して13種類の異なるサイトカインまたはケモカインの同時発現レベルを決定するために、ビーズホモジナイゼーション法を使用して肺ホモジネートを調製することを記載しています。このプロトコルはまた、そのような感染性肺疾患やアレルギー性疾患などの他の疾患の設定で肺免疫応答を調査するために使用することができます。

Immune cell expansion, activation, and trafficking to the lungs, which are controlled by the expression of multiple cytokines and chemokines, may be altered by severe brain injury. This is evidenced by the fact that pneumonia is a major cause of mortality in patients who have suffered from ischemic stroke. The goal of this protocol is to describe the use of multicolor flow cytometric analysis to identify 13 types of immune cells in the lungs of mice, including alveolar macrophages, interstitial macrophages, CD103+ or CD11b+ dendritic cells (DCs), plasmacytoid DCs, eosinophils, monocytes/monocyte-derived cells, neutrophils, lymphoid-derived  T and B cells, NK cells, and NKT cells, following ischemic stroke induction by transient middle cerebral artery occlusion. Moreover, we describe the preparation of lung homogenates using a bead homogenization method, to determine the expression levels of 13 different cytokines or chemokines simultaneously by multiplex bead arrays coupled with flow cytometric analysis. This protocol can also be used to investigate the pulmonary immune response in other disease settings, such as infectious lung disease or allergic disease.