国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

統合失調症の女性患者におけるプロラクチン濃度と攻撃性との関連 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
World J. Biol. Psychiatry.2020 Jul;:1-29. doi: 10.1080/15622975.2020.1795254.Epub 2020-07-13.

統合失調症の女性患者におけるプロラクチン濃度と攻撃性との関連

The Association between Prolactin Concentration and Aggression in Female Patients with Schizophrenia.

  • Kresimir Puljic
  • Miroslav Herceg
  • Lucija Tudor
  • Nela Pivac
PMID: 32657631 DOI: 10.1080/15622975.2020.1795254.

抄録

本研究では、統合失調症の女性患者における血清プロラクチン(PRL)濃度と攻撃性との関連を評価した。統合失調症の女性患者(N=120)は、DSM-5基準に基づいてSCID-5を用いて診断した。2017年3月から2019年3月までの期間に、大学精神科病院Vrapceでサンプリングした。攻撃性は、Positive and Negative Syndrome Scale(PANSS)、Overt Aggression Scale(OAS)を用いて評価した。患者を攻撃性群と非攻撃性群に細分化した。血清中のPRLは電気化学発光法(ECLIA)を用いて測定した。攻撃的な統合失調症患者では、非攻撃的な患者に比べてPRL濃度が有意に上昇した(p<0.0001)。PRL濃度の上昇は、OASスコアで判定された攻撃的な症状と有意に関連していた(p<0.0001)。患者をリスペリドン、ハロペリドール、パリペリドン、アミスルプリドの投与群と、これらの抗精神病薬を投与されていない群に細分化すると、両群とも攻撃的な患者は非攻撃的な患者に比べて有意に高いPRL濃度を示した。抗精神病薬の投与量が多いほどPRL濃度の上昇と関連していた(p=0.004)。以上の結果から、女性の統合失調症患者では、抗精神病薬の服用にかかわらず、PRLの高値が攻撃性と有意に関連していることが示唆された。

This study assessed the association between serum prolactin (PRL) concentration and aggression in female patients with schizophrenia. Female patients with schizophrenia (N = 120) were diagnosed using SCID-5 based on the DSM-5 criteria. They were sampled at the University Psychiatric Hospital Vrapce during the period from March 2017 to March 2019. Aggression was evaluated using the Positive and Negative Syndrome Scale (PANSS), and Overt Aggression Scale (OAS). Patients were subdivided into aggressive and non-aggressive groups. PRL was determined in serum using electrochemiluminescence (ECLIA) method. Aggressive patients with schizophrenia had significantly (p < 0.0001) increased PRL concentration compared to non-aggressive patients. Higher PRL concentration was significantly (p < 0.0001) associated with pronounced aggressive symptoms determined by the OAS scores. When patients were subdivided into those who were treated with risperidone, haloperidol, paliperidone, amisulpride, and a group that was not treated with these antipsychotics, aggressive patients in both groups had significantly higher PRL concentrations than non-aggressive patients. Higher antipsychotic dose was related to increased PRL concentration (p = 0.004). Our findings suggest that higher PRL is significantly associated with aggression, irrespective of the antipsychotic medication, in female patients with schizophrenia.