国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

子ども兵士の心理社会的リハビリテーションとウェルビーイングのダイナミクス.コンゴ民主共和国における生物生態学的システム理論からの視点 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Child Psychiatry Hum Dev.2020 Jul;10.1007/s10578-020-01022-4. doi: 10.1007/s10578-020-01022-4.Epub 2020-07-12.

子ども兵士の心理社会的リハビリテーションとウェルビーイングのダイナミクス.コンゴ民主共和国における生物生態学的システム理論からの視点

Dynamics of Child soldiers' Psychosocial Rehabilitation and Well-being: Perspectives from Bioecological Systems Theory in the Democratic Republic of Congo.

  • Jean Chrysostome K Kiyala
PMID: 32656659 DOI: 10.1007/s10578-020-01022-4.

抄録

武装勢力や武装集団と関係のある子どもたち(CAAFAG)に関する背景研究や、彼らの社会復帰や人間形成を促進する方法の分析から、彼らが直面している個人的・集団的な様々な複雑な課題が明らかになっている。本研究は、コンゴ民主共和国東部のリハビリテーションセンターで彼らと一緒に働いている128人のCAAFAGと2人の心理学者を対象に、著者によるインタビューとフォーカスグループディスカッションから得られたデータの記述的・相関分析の結果を報告するものである。全体のサンプルには比較的若い参加者が含まれており(N = 130、M = 17.11、SD = 4.28)、末っ子は11歳であった。その結果、ウリ・ブロンフェンブレンナーの生物生態学的システム理論に基づいた心理社会的リハビリテーションプログラムは、CAAFAGの幸福度、人間的成長を向上させ、潜在的な暴力行為を減少させる上で有望な効果を示していることが確認されました。

Background research on children associated with armed forces and armed groups (CAAFAG) and the analysis of how to facilitate their social reintegration and human development reveals a variety of complex individual and collective challenges with which they are confronted; however, their social and cultural environment, and the risks that may impede their future development and well-being, remain understudied. This empirical research reports the results of descriptive and correlational analyses of data emanating from author-administered interviews, and focus group discussions with 128 CAAFAG and two psychologists working with them in rehabilitation centers in the eastern Democratic Republic of Congo. The entire sample involved relatively young participants (N = 130, M = 17.11, SD = 4.28), with the youngest child aged 11. The outcomes sustain that the psychosocial rehabilitation programme framed within Urie Bronfenbrenner's bioecological systems theory shows promising effects in enhancing CAAFAG's well-being, human growth; and in reducing potential violent behavior.