会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

妊娠糖尿病後のマニフェスト糖尿病:デンマークの集団における二重コホート、長期追跡調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch. Gynecol. Obstet..2020 Jul;10.1007/s00404-020-05669-1. doi: 10.1007/s00404-020-05669-1.Epub 2020-07-12.

妊娠糖尿病後のマニフェスト糖尿病:デンマークの集団における二重コホート、長期追跡調査

Manifest diabetes after gestational diabetes: a double-cohort, long-term follow-up in a Danish population.

  • Kristina Aaskjær Aagaard
  • Hanine Mustafa Al-Far
  • Ulrika Piscator
  • Rubab Agha Krogh
  • Finn Friis Lauszus
PMID: 32656592 DOI: 10.1007/s00404-020-05669-1.

抄録

目的:

目的は、GDMを有する女性の2つのコホートを追跡調査し、産後の顕在性糖尿病(DM)の発生率と診断時期を調査し、我々の集団における糖尿病の危険因子を特定することであった。

PURPOSE: The aim was to follow-up two cohorts of women with GDM to investigate the incidence and time of diagnosis of manifest diabetes mellitus (DM) postpartum and identify the risk factors for diabetes in our population.

方法:

1991/1992年と2011-2016年に経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)を受けた2つの独立したコホートのフォローアップ研究。コホート 1 は、GDM 54 と 352 の非 GDM OGTT テストとコホート 2 の GDM と診断された 433 人の女性を含む 406 人の女性で構成されていました。第1コホートでは25年近くの追跡調査が行われ、糖尿病の大きさ、転化率、糖尿病の種類などの情報が得られた。第2コホートは、新しい診断基準と古いコホートのベースライン情報がまだ糖尿病リスクの予測に有効であるかどうかを評価するために最近開始されました。

METHODS: A follow-up study on two independent cohorts having oral glucose tolerance test (OGTT) in 1991/1992 and 2011-2016: Cohort 1 consisted of 406 women including 54 with GDM and 352 with a non-GDM OGTT-test and cohort 2 had 433 women diagnosed with GDM. The first cohort had nearly 25 years of follow-up and gave information on magnitude, conversion rate and type of diabetes manifestation. The second cohort was started recently to evaluate whether newer diagnostic criteria and baseline information on the old cohort are still valid for prediction of diabetes risk.

結果:

追跡調査終了時のコホート1の顕在性糖尿病リスクは、GDM歴のある女性では、非GDM歴のある女性と比較して6倍高かった(RR=6;95%CI 4~11)。妊娠25年後の糖尿病率は70%であった。コホート2の糖尿病の唯一の家族歴は、妊娠中の年齢、BMI、非デンマーク起源と喫煙(p<0.001)の調整後にも、顕在性糖尿病への転換(p=0.002)と関連していた結論:GDM後の糖尿病の発生率は、以前にスカンジナビアの人口で報告されたものよりも高く、顕在性糖尿病の率は、妊娠後15年後と年齢の40歳後に急上昇します。最近のGDMとコホート2の女性は、より高い割合でDMのリスクがあります。このような背景の上に私たちの結果は、GDMの女性が延期し、顕在性DMを広告するためのエビデンスに基づいた治療の効果的な実施から恩恵を受ける可能性があります時間を特定するのに有用である。

RESULTS: The risk of manifest diabetes in cohort 1 at the end of follow-up was six times higher in women with previous GDM compared with non-GDM (RR = 6; 95% CI 4-11). We observed a 70% diabetes rate 25 years after pregnancy. Only family history of diabetes in cohort 2 was associated with conversion to manifest diabetes (p = 0.002), also after adjustment for age, BMI, non-Danish origin and smoking during pregnancy (p < 0.001) CONCLUSION: The incidence of diabetes after GDM is higher than that previously reported in Scandinavian populations and the rate of manifest diabetes rises steeply 15 years after pregnancy and after 40 years of age. The women of cohort 2 with recent GDM are at risk of DM at a higher rate. On this background our results are useful in identifying the time where GDM women may benefit from the effective implementation of evidence-based treatment to postpone and advert manifest DM.