国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

また、免疫抑制剤であるフィンゴリモドは、T細胞バランスやサイトカイン分泌を調節することで、実験的自己免疫性重症筋無力症を改善することが示唆された | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Transl Res.2020;12(6):2600-2613. Epub 2020-06-15.

また、免疫抑制剤であるフィンゴリモドは、T細胞バランスやサイトカイン分泌を調節することで、実験的自己免疫性重症筋無力症を改善することが示唆された

The immunosuppressant fingolimod ameliorates experimental autoimmune myasthenia gravis by regulating T-cell balance and cytokine secretion.

  • Ya-Ting Luo
  • Ying-Fan Liang
  • Huan He
  • Meng-Ting Zhang
  • Rui Wang
  • Hong-Lin Li
PMID: 32655793 PMCID: PMC7344092.

抄録

重症筋無力症は、神経筋接合部(NMJ)内のコミュニケーションを阻害することで骨格筋力に影響を与える自己免疫疾患である。スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)/S1P受容体シグナル伝達が神経筋疾患のプロセスに関与している可能性があることが研究で明らかになっています。フィンゴリモドはS1Pと構造的に類似しており、多くの免疫疾患において免疫抑制作用が認められています。しかし、実験的な自己免疫性重症筋無力症に対するフィンゴリモドの作用機序はまだ明らかになっていない。本研究の目的は、実験的自己免疫性重症筋無力症に対するフィンゴリモドの有効性とその機序を検討することであった。その結果、フィンゴリモッドの前処理により、抗アセチルコリン受容体-2α自己抗体価の低下、複合筋活動電位の低下、アセチルコリン受容体含量の増加など、用量依存的に実験的自己免疫性重症筋無力症の症状が改善されることが示された。さらに、フィンゴリモドはリンパ球の増殖反応を抑制し、Th1/Th2細胞とTreg/Th17細胞のバランスを制御していることが明らかになりました。さらに、フィンゴリモドは、プロ炎症性サイトカインであるIL-17A、IL-6、INF-γの分泌を抑制したが、免疫抑制性サイトカインであるTGF-β1、IL-4の分泌には目立った変化を示さなかった。以上の結果から、フィンゴリモドはリンパ球の機能を阻害することにより、実験的な自己免疫性重症筋無力症の予防効果があることが示唆された。

Myasthenia gravis is an autoimmune disease that affects skeletal muscle strength by impeding communication within the neuromuscular junction (NMJ). Research has shown that sphingosine-1-phosphate (S1P)/S1P receptor signaling may be involved in the process of neuromuscular diseases. Fingolimod is structurally similar to S1P, whose immunosuppressive effect has been recognized in many immune diseases. However, the mechanism underlying fingolimod's action on experimental autoimmune myasthenia gravis is still far from clear. The aim of this study was to investigate the efficacy and possible mechanism of fingolimod on experimental autoimmune myasthenia gravis. Our results showed that pretreatment with fingolimod improved experimental autoimmune myasthenia gravis symptoms in a dose-dependent manner, including decreased anti-acetylcholine receptor-2α autoantibody titer, reduced compound muscle action potential decrement, and increased acetylcholine receptor content. Further investigation indicated that fingolimod inhibited lymphocyte proliferation responses and also regulated the balance of Th1/Th2 cells and Treg/Th17 cells. Moreover, fingolimod suppressed the secretion of pro-inflammatory or inflammatory cytokines IL-17A, IL-6, and INF-γ, but did not noticeably alter the secretion of immunosuppressive cytokines TGF-β1 and IL-4. In conclusion, our results suggest that fingolimod has a preventive effect on experimental autoimmune myasthenia gravis by interfering with lymphocyte function.

AJTR Copyright © 2020.