国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

光老化の兆候を減らすためのフェルラ酸とマイクロニードルの有効性:分割顔の比較研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dermatol Ther.2020 Jul;:e14000. doi: 10.1111/dth.14000.Epub 2020-07-11.

光老化の兆候を減らすためのフェルラ酸とマイクロニードルの有効性:分割顔の比較研究

The effectiveness of ferulic acid and microneedling in reducing signs of photoaging: a split-face comparative study.

  • Zduńska-Pęciak Kamila
  • Rotsztejn Helena
PMID: 32654286 DOI: 10.1111/dth.14000.

抄録

背景:

光老化は紫外線による酸化ストレスと密接に関係しています。フェルラ酸は植物由来の抗酸化物質で、アンチエイジング効果があります。フェルラ酸ピールとマイクロニードルを組み合わせることで、その経皮浸透性が向上します。この研究は、顔の光老化に対する14%のフェルラ酸ピールとマイクロニードルの組み合わせの有効性を評価するために設計されました。

BACKGROUND: Photoaging is closely related to UV-induced oxidative stress. Ferulic acid is a plant-based antioxidant with anti-aging activity. Combining ferulic acid peel with microneedling enhances it's transdermal penetration. This study was designed to evaluate the efficacy of 14% ferulic acid peel combined with microneedling for facial photoaging.

材料と方法:

この試験には、フィッツパトリック肌タイプIIとIIIの45~60歳の16名の女性が登録されました。すべての患者は、14%のフェルラ酸をベースにしたケミカルピーリングを1週間間隔で8回の治療セッションを受けました。各セッションでは、患者の顔の右半分にピーリングを施した後、マイクロニードルを施した。有効性は、MPA(Courage+Khazaka electronic)を用いて測定した。水分補給、弾力性、メラニン指数、紅斑指数の測定は、治療前、8回目の施術後、最後の施術から1ヶ月後に行った。

MATERIALS AND METHODS: 16 women aged 45-60 with Fitzpatrick skin type II and III, were enrolled in this trial. All patients received 8 treatment sessions with a full face application of chemical peeling based on 14% ferulic acid in 1-week intervals. During each session, on the right half of patient's face, peeling application was followed by microneedling. Efficacy was measured using MPA (Courage+Khazaka electronic). The measurement of hydration, elasticity, melanin index and erythema index were taken before treatments, after 8th session and 1 month after the last application.

結果:

客観的評価では、フェルラ酸ピーリングとフェルラ酸ピーリング後にマイクロニードルを行った場合と同様に、すべての測定された皮膚パラメータにおいて統計的に有意な改善が見られました(p<0,05)。併用療法は、特に皮膚の弾力性において、単独でのピーリングと比較して有意に大きな改善を示しました。

RESULTS: The objective evaluation showed statistically significant improvement in all measured skin parameters (p<0,05), after ferulic acid peel application, as well as ferulic acid peel followed by microneedling. Combined therapy showed significantly greater improvement especially in skin elasticity, comparing to peeling administered alone.

結論:

フェルラ酸には、漂白、赤み対策、肌の滑らかさ、保湿効果があります。マイクロニードルと組み合わせると、特に肌の弾力性に関して、効率が向上します。この記事は著作権で保護されています。すべての権利を保有しています。

CONCLUSION: Ferulic acid has a significant bleaching, anti-redness, smoothing and moisturizing activity. When combined with microneedling, the efficiency is increased, in particular regarding skin elasticity. This article is protected by copyright. All rights reserved.

This article is protected by copyright. All rights reserved.