会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

MiR-92過剰発現はLATS2/YAP1/PD-L1経路を介して卵巣癌の免疫細胞機能を抑制する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Transl Oncol.2020 Jul;10.1007/s12094-020-02439-y. doi: 10.1007/s12094-020-02439-y.Epub 2020-07-11.

MiR-92過剰発現はLATS2/YAP1/PD-L1経路を介して卵巣癌の免疫細胞機能を抑制する

MiR-92 overexpression suppresses immune cell function in ovarian cancer via LATS2/YAP1/PD-L1 pathway.

  • S Feng
  • H Sun
  • W Zhu
PMID: 32654106 DOI: 10.1007/s12094-020-02439-y.

抄録

目的:

卵巣がんにおいてマイクロRNAが重要な役割を果たしていることが示唆されている。本研究では、卵巣がんにおけるmiR-92の役割について検討した。

PURPOSE: Increasing evidence suggested that microRNA plays an important role in ovarian cancer. In this study, the role of miR-92 in ovarian cancer was investigated.

方法:

本研究では、臨床サンプルにおけるmiR-92の発現を評価し、in vitroでのmiR-92の役割を調べ、Chip、co-IP、ウエスタンブロットを用いて、その基礎となるメカニズムを調べた。

METHODS: In this study, miR-92 expression in clinical sample was evaluated, role of miR-92 was investigated in vitro, and underlying mechanism was investigated using Chip, co-IP, and western blot.

結果:

本研究では、卵巣がん組織において、正常がん組織に比べてmiR-92が過剰に発現していることを明らかにした。miR-92を導入することで卵巣がん細胞の増殖が増加し、遊走能やコロニー形成が増加した。LATS2をダウンレギュレーションすると、YAP1の転座が増加し、PD-L1がアップレギュレーションされ、その後、NK細胞の機能が抑制され、T細胞のアポトーシスが促進された。さらに、YAP1を標的としたshRNAを共トランスフェクションすることで、miR-92による免疫抑制効果を緩和することができた。機械的には、免疫沈降法(IP)を用いて、LATS2がYAP1と相互作用し、YAP1の核内転座を制限することを示し、クロマチン免疫沈降法(ChIP)を用いて、YAP1がPD-L1のエンハンサー領域に結合し、PD-L1の転写活性を高めることを確認した。

RESULTS: In this study, we show that miR-92 is overexpressed in ovarian cancer tissue compared with normal cancer tissue. Transfection of miR-92 increased proliferation of ovarian cancer cell, and increased migration capacity and colony formation were observed after miR-92 transfection; we found that expression of LATS2 was decreased by miR-92, and this was further confirmed by luciferase assay, which proved that miR-92 is targeting 3' of the endogenous LATS2 gene. Downregulation of LATS2 resulted in increased translocation of YAP1 and upregulation of PD-L1, which subsequently suppressed NK cell function and promoted T cell apoptosis. Moreover, co-transfection of YAP1-targeted shRNA could relieve miR-92-induced immune suppression effect. Mechanically, immunoprecipitation (IP) was used to show that LATS2 interacted with YAP1 and subsequently limited nuclear translocation of YAP1; chromatin immunoprecipitation (ChIP) was used to confirm that YAP1 could bind to enhancer region of PD-L1 to enhance transcription activity of PD-L1.

結論:

本研究では、卵巣がんの免疫抑制につながる新しいメカニズムを明らかにしました。

CONCLUSIONS: Our data revealed a novel mechanism which finally resulted in immune suppression in ovarian cancer.