会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

僧帽弁修復術に失敗した場合の救済策としてのedge-to-edge修復術の長期成績 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gen Thorac Cardiovasc Surg.2020 Jul;10.1007/s11748-020-01433-z. doi: 10.1007/s11748-020-01433-z.Epub 2020-07-11.

僧帽弁修復術に失敗した場合の救済策としてのedge-to-edge修復術の長期成績

Long-term results of the edge-to-edge repair for failed mitral valve repair as a bailout option.

  • Zhaoji Zhong
  • Ziqi Yue
  • Zhenhua Zhao
  • Wu Song
  • Shanshan Zheng
  • Sheng Liu
PMID: 32654090 DOI: 10.1007/s11748-020-01433-z.

抄録

目的:

当院の退行性僧帽弁逆流症(MR)患者を対象に、edge-to-edge (E2E) 修復術と僧帽弁形成術を併用した場合の長期的な臨床成績と心エコー図を評価している。

OBJECTIVE: We evaluate the long-term clinical and echocardiographic outcomes of edge-to-edge (E2E) repair combined with mitral annuloplasty in our institute with degenerative mitral regurgitation (MR) up to 10 years.

方法:

他の従来の僧帽弁修復術が失敗した後にE2E僧帽弁修復術を受けた26例が連続していた。男性は16例(61.5%)、平均年齢は52.2±10.4歳であった。僧帽弁逆流は前葉脱が12例(46.2%)、胆嚢脱が9例(34.6%)、後葉脱が5例(19.2%)であった。

METHODS: Twenty-six consecutive patients undergoing E2E mitral repair after failure of other conventional mitral repair technique. There were 16 (61.5%) male and the mean age was 52.2 ± 10.4 years. Mitral regurgitation was due to anterior leaflet prolapse in 12 (46.2%) patients, bileaflet prolapse in 9 (34.6%), and multiple segment posterior leaflet prolapse in 5 (19.2%).

結果:

周術期死亡はなかった。フォローアップは100%完全であった。平均フォローアップ期間は8.7±0.9年(中央値8.4年、6.8~10.1年)であった。2名の患者がMVの再手術を必要とした。10年後の再手術と中等度以上のMRからの自由度は69.9±11.7%であった。10年後の中等度MRと僧帽弁狭窄症(MS)の再手術自由度は(59.6±10.0)%であった。平均透過圧勾配(TMPG)は6.1±2.5mmHgで、術前TTEと比較して有意に上昇していた(P=0.004)。10年後の中等度MSからの脱却率は76.9±8.3%であった。また、経過観察時の心エコーパラメータや臨床状態については、中等度MSの有無に差はなかった。

RESULTS: There were no perioperative deaths. Follow-up was 100% complete. The mean length of follow-up was 8.7 ± 0.9 years (median 8.4 years, 6.8-10.1 years). Two patients required reoperation of the MV. The freedom from reoperation and ≥ Moderate MR at 10 years was 69.9 ± 11.7%. The freedom from reoperation, ≥ Moderate MR and mitral stenosis (MS) at 10 years was (59.6 ± 10.0) %. The mean transmitral pressure gradient (TMPG) was 6.1 ± 2.5 mmHg, which was significantly elevated compared with preoperative TTE (P = 0.004). The freedom from ≥ Moderate MS at 10 years was 76.9 ± 8.3%. There were no differences between patients with and without MS at follow-up regarding the echocardiographic parameters and clinical status.

結論:

E2E僧帽弁修復術後のTMPGの上昇はゆっくりと進行するが、軽度のTMPG上昇はほとんどの患者で許容できる。適切な患者では、環状動脈形成術と組み合わせたE2E修復術は効果的な「救済」の選択肢となる。

CONCLUSION: There is a slowly progressive elevation of TMPG after E2E mitral repair, while mildly elevated TMPG can be tolerated in most patients. In appropriate patients, the E2E repair combined with annuloplasty provides an effective "bailout" choice.