会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Rett症候群(RTT)患者とその母親における分子的、生化学的、細胞遺伝学的属性の検討 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Epilepsy Behav.2020 Jul;111:107277. S1525-5050(20)30456-X. doi: 10.1016/j.yebeh.2020.107277.Epub 2020-07-09.

Rett症候群(RTT)患者とその母親における分子的、生化学的、細胞遺伝学的属性の検討

Scrutinizing the molecular, biochemical, and cytogenetic attributes in subjects with Rett syndrome (RTT) and their mothers.

  • Arun Meyyazhagan
  • Balamuralikrishnan Balasubramanian
  • Sankar Kathannan
  • Karthick Kumar Alagamuthu
  • Murugesh Easwaran
  • Sureshkumar Shanmugam
  • Manikantan Pappusamy
  • Haripriya Kuchi Bhotla
  • Shafiahammedkhan Mustaqahamed
  • Vijaya Anand Arumugam
  • Tanushri Kaul
  • Sasikala Keshavarao
PMID: 32653844 DOI: 10.1016/j.yebeh.2020.107277.

抄録

Rett症候群(RTT)は、X染色体に関連した神経学的発達障害で、精神的な鈍化の第2位に位置し、正常な発育と成長期を持つ生後数ヶ月以降の女性に限定されています。これまでの研究では、遺伝的に普遍的に発現するメチルCpG結合タンパク質2(MeCP2)転写調節因子遺伝子の欠損は、ほとんど全ての研究でRTTの原因遺伝子と考えられています。我々の研究では、Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders-Text Revised (DSM IV)でソートされた試作品を対象に、RTTの原因となるMeCP2遺伝子多型、染色体異常、X染色体不活性化(XCI)などの遺伝的変化を解明することに主眼を置いている。さらに、セロトニン、ホモシステイン(Hcy)、カルシウム、カリウム、鉛などの脳機能障害の代替物質を、RTTプロトタイプとその母親の血液から調べた。本研究では、RTT プロトタイプにおいて、MeCP2 のアミノ酸置換度の変化や XCI の歪んだ頻度の変化が観察された。本研究では、染色体解析、生化学的解析、ゲノム観察を行うことで、RTTの病態を解明することができ、適切な治療やカウンセリングを行うことができること、また、現在行われている診断方法を改善することができることを検証した。

Rett syndrome (RTT) is a stern dominant progressive neurological development disorder linked with X chromosome ranking second for mental slowdown, exclusively in females after few months of birth with normal development and growth period. Genetically any defects in universally expressed methyl-CpG binding protein 2 (MeCP2) transcription regulator gene are considered as radix for RTT in almost all the previous studies. Our study mainly focuses in unraveling the genetic alterations like identifying MeCP2 gene polymorphisms, chromosomal abnormalities, or X-chromosome inactivation (XCI) as underlying cause of RTT in prototypes sorted through Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders-Text Revised (DSM IV). In addition, we have examined the probable surrogates of brain function disabilities like serotonin, homocysteine (Hcy), calcium, potassium, and lead from blood in both RTT porotypes and their mothers. In our investigation, we have observed varied amino acid substitution of MeCP2 and varied frequency of skewed XCI in RTT prototype. Our study validates that the demonstration of chromosomal analysis, biochemical analysis, and genomic observations helps in concluding RTT condition and can be helpful in providing appropriate treatment and counseling as well as improve the currently available protocol of diagnosis.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.