会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

急性虚血性脳卒中における頸動脈プラークの造影超音波検査(CUSCAS試験) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev. Neurol. (Paris).2020 Jul;S0035-3787(20)30597-X. doi: 10.1016/j.neurol.2020.03.023.Epub 2020-07-08.

急性虚血性脳卒中における頸動脈プラークの造影超音波検査(CUSCAS試験)

Contrast enhanced ultrasound of carotid plaque in acute ischemic stroke (CUSCAS study).

  • J M Baud
  • D Stanciu
  • J Yeung
  • A Maurizot
  • S Chabay
  • M de Malherbe
  • M-L Chadenat
  • D Bachelet
  • F Pico
PMID: 32653212 DOI: 10.1016/j.neurol.2020.03.023.

抄録

はじめに:

頸動脈アテローム性動脈硬化症は、「脆弱な」プラークの概念に関連して、虚血性脳卒中の8~15%を占めている。コントラスト増強超音波(CEUS)は、脆弱なプラークやプラーク内出血の「前駆体」となる新生血管に対応するプラーク内の微小気泡を検出することができる。CEUSは急性虚血性脳卒中では特に研究されていなかった。本研究の目的は、虚血性脳卒中における同側の頸動脈プラークの有病率と造影プラークの主な特徴を分析することである。

INTRODUCTION: Carotid atherosclerosis represents 8 to 15% of ischemic strokes in relation to the concept of "vulnerable" plaque. Contrast enhanced ultrasound (CEUS) can detect moving microbubbles within the plaque corresponding to neovessels that constitute "precursors" of vulnerable plaque and intraplaque hemorrhage. CEUS was not studied specifically in acute ischemic strokes. The aim of this study is to analyse the prevalence of CEUS carotid plaque ipsilateral at the ischemic stroke as well as the main characteristics of contrast-plaques.

方法:

10日以内に脳卒中を発症し、MRIで拡散シーケンスが陽性であり、脳卒中時に同側の頸動脈領域に低または不均一なエコー発生性を有する頸動脈プラーク厚さ2.5mm以上の頸動脈プラークを有する33人の連続した患者を対象とした単施設プロスペクティブ・パイロット研究である。プラークエコー原性は、視覚分析とグレースケール中央値(GSM)の測定によって行われた。HITSを求めて経頭蓋ドップラーモニタリングを行った。造影超音波はSonoVue®を2.5cc静注した後に実施した。注入後にビデオクリップを記録し、2人の独立した専門家による3つのグレードの視覚分析による解釈に使用しました。

METHOD: A single-centre prospective pilot study involving 33 consecutive patients with a stroke ≤10 days, diagnosed by an MRI with positive diffusion sequence and having a carotid plaque thickness ≥2.5mm with low or heterogeneous echogenicity, located in the ipsilateral carotid territory at the stroke. Plaque echogenicity was done by visual analysis and by measurement of the gray scale median (GSM). A transcranial Doppler monitoring was carried out in search of HITS. The contrast ultrasound was performed after 2.5 cc IV injection of SonoVue®. A video clip was recorded after injection which was used for interpretation by visual analysis in 3 grades, provided by two independent expert readers.

結果:

母集団は女性10人、平均73歳の男性23人であった。頸動脈領域の脳卒中のトポグラフィーは、11例(33%)で右に、22例(67%)で左に位置していた。Nascet法による頸動脈狭窄度は0~49%が17例、50~99%が16例であった。プラークの視覚的特徴は、18例でエコールーセント優勢(1-2型)、15例でエコー原性優勢(3-4a型)であった。心血管系の危険因子は共通しており、性差はなかった。プラーク増強の観察者間一致は、初読では中等度(k=0.48)、コンセンサスでは優れていた(k=0.91)。不一致は1件のみであった。頸動脈プラークの造影剤による増強は11/32例で認められ、有病率は34.4%-CI95%[17.9-50.9]であった。造影プラークに関連する変数には、抗血小板薬の非存在(63.6%対23.8%、P=0.05)とプラーク上の規則的な縁の存在(91%対48%、P=0.04)が含まれた。狭窄度が直径50%以上の場合の造影強調には差はなく,プラークの種類にも差はなかった.

RESULTS: The population consisted of 10 women and 23 men aged 73 on average. The topography of strokes in the carotid territory was located on the right in 11 (33%) cases and on the left in 22 (67%) cases. Seventeen patients had carotid stenosis between 0 and 49% according to the Nascet method and 16 patients had stenosis of 50 to 99%. The visual characterisation of the plaques had echolucent dominance (Type 1-2) in 18 cases and echogenic dominance (Type 3-4a) in 15 cases. Cardiovascular risk factors were common with no difference by sex. The inter-observer agreement of plaque enhancement was moderate in first reading (k=0.48) and excellent at consensus (k=0.91). Only one disagreement was found. Contrast agent enhancement of carotid plaque was observed in 11/32 patients, representing a prevalence of 34.4% - CI95% [17.9-50.9]. Variables associated with contrast plaque included the absence of antiplatelet drug (63.6% vs. 23.8%, P=0.05) and the presence of a regular edge on the plaque (91% vs. 48%, P=0.04). There was no difference in contrast enhancement for stenosis>or<50% in diameter and neither for the type of plaque.

結論:

33人の連続コホートにおいて,同側の頸動脈プラークから最近の急性虚血性脳卒中までのCEUSの有病率は34.4%であった.プラークの造影増強と抗血小板薬の非投与との間には統計学的に有意な関連があり(P=0.05),また,プラーク上に規則的な縁の存在(P=0.04)も認められた.プラーク造影と患者の臨床的・生物学的特徴やHITSの存在との間には相関は認められなかった。

CONCLUSION: In a consecutive cohort of 33 patients, the prevalence of CEUS from an ipsilateral carotid plaque to a recent acute ischemic stroke was 34.4%. There was a statistically significant association between the contrast enhancement of the plaque and the absence of antiplatelet drug (P=0.05) and also the presence of a regular edge on the plaque (P=0.04). There was no correlation between plaque contrast and clinical and biological characteristics of patients or the presence of HITS.

Copyright © 2020 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.