会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

未熟血小板:利用可能なエビデンスのレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Thromb. Res..2020 Jul;195:43-50. S0049-3848(20)30290-5. doi: 10.1016/j.thromres.2020.06.048.Epub 2020-07-03.

未熟血小板:利用可能なエビデンスのレビュー

Immature platelets: a review of the available evidence.

  • Naoufal Benlachgar
  • Kamal Doghmi
  • Azlarab Masrar
  • El Mehdi Mahtat
  • Hicham Harmouche
  • Zoubida Tazi Mezalek
PMID: 32652352 DOI: 10.1016/j.thromres.2020.06.048.

抄録

未熟血小板または網状化血小板は、新たに放出された血小板である。これらの血小板は、その大きさとRNA細胞質濃度の高さから識別することができる。未熟血小板画分(IPF)は、血小板の総数に対する未熟循環血小板の割合を表す。新しい自動化装置によるこの血液学的パラメータの分析標準化の進展により、血小板減少症の状況下でのIPFの寄与をよりよく調べることができるようになった。実際、いくつかの研究で、免疫性血小板減少症を他の血小板減少症の原因と区別するための臨床的有用性が確認されている。また、IPFは、化学療法後の血小板の回復や移植の成功を予測することができる。さらに、未熟血小板は冠動脈疾患、細菌感染症、肝臓疾患などの他の疾患でも有用性を示している。これらの利点にもかかわらず、未熟血小板画分は、血小板低産生を特徴とする血小板減少症の一部の症例では増加する可能性がある。本レビューの目的は、臨床における未熟血小板分画の貢献を提示することである。

Immature platelets or reticulated platelets are newly released thrombocytes. They can be identified by their large size and high RNA cytoplasm concentration. Immature platelet fraction (IPF) represents the percentage of immature circulative platelets to the total number of platelets. The development of analytical standardization of this hematological parameter by new automated devices allowed a better exploration of its contribution in a context of thrombocytopenia. In fact, several studies had confirmed its clinical utility to differentiate immune thrombocytopenia from other causes of thrombocytopenia. IPF can also predict platelets recovery after chemotherapy and successful engraftment. In addition, immature platelets have shown utility in other diseases such as coronary artery diseases, bacterial infections and liver diseases. Despite all these advantages, immature platelet fraction can be increased in some cases of thrombocytopenia characterized by platelets hypoproduction. The aim of this review is to present the immature platelet fraction contribution in clinical practice.

Copyright © 2020 Elsevier Ltd. All rights reserved.