会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

遺伝的背景と環境因子を多面的に解析。喘息児のアトピーの症例 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Arch Pediatr.2020 Jul;S0929-693X(20)30137-8. doi: 10.1016/j.arcped.2020.05.011.Epub 2020-07-07.

遺伝的背景と環境因子を多面的に解析。喘息児のアトピーの症例

Multidimensional analysis of genetic background and environmental factors: Cases of atopy in asthmatic children.

  • Mohamed Brahim Errahmani
  • Karima Fellague Chebra
  • Zohor Messaoudi
PMID: 32651143 DOI: 10.1016/j.arcped.2020.05.011.

抄録

本研究は、76人の喘息児(2-16歳)、その家族、およびその前歴に関するデータセットを多次元的に分析することにより、類似または同一の特徴を組み合わせた喘息児の典型的なプロファイルを確立することを目的とした。両親には、子供とその近親者の間で考えられる血縁関係、子供の未熟児、出生順、皮膚プリックテストの結果、動物の存在、室内の湿気、病歴、アトピーの症例に関する質問票が提示された。変数間のリンクは、カイ二乗検定によって最初に同定された。有意なグループ化を同定するために昇順階層分類(AHC)を行った。多重対応分析(MCA)は、その後、典型的な子供のプロファイルに焦点を当てるために実施された。その結果、気管支炎(86.9%)、鼻炎(46.1%)、室内の湿気(64.5%)の頻度が高かった。家族歴(喘息、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎)と様々なアレルギー(薬剤、食物、その他アレルギー全般)は母親に多く(≒20%)見られ、母親と兄弟間ではわずかに有意な関連が見られたが(P=0.045)、父親と兄弟間では見られなかった(P=0.41)。AHCは、母方の先祖を持つ優勢なグループと、父方の先祖を持つ重要性の低いグループの2つのグループを強調した。MCAは、変数の正のモダリティを持つグループを同定し、主に女の子への影響を持つ男の子と父方の先天性を中心にしていた。この作業により、喘息を発症した(または発症する可能性のある)子どもの典型的なプロファイルを確立することができた。彼らは、主に母親のアトピーとアレルギーの歴史を持つ子供たちで、初期の気管支炎とおそらく鼻炎に罹患しており、室内の湿気や喫煙のある環境で生活しています。

The present work aimed, through a multidimensional analysis of a data set related to 76 asthmatic children (2-16 years), to their family, and to their antecedents, to establish typical profiles of children with asthma, combining similar or even identical characteristics. A questionnaire was presented to the parents concerning possible consanguinity, prematurity of the child, birth order, skin prick test results, presence of animals, indoor dampness, medical history, and cases of atopy among the children and their antecedents. The links between variables were first identified by means of chi-square tests. Ascending hierarchical classification (AHC) was performed to identify significant groupings. Multiple correspondence analysis (MCA) was then carried out to focus on typical children profiles. The results showed a high frequency of bronchitis (86.9%), rhinitis (46.1%), and indoor dampness (64.5%). Family history (asthma, rhinitis, conjunctivitis, and atopic dermatitis) and various allergies (to drugs, to food, or other allergies in general) were present mostly in mothers (≈20%) with a slightly significant association between mothers and siblings (P=0.045) but not between fathers and siblings (P=0.41). The AHC highlighted two distinct groups, well discriminated: a predominant group with maternal antecedents and another of lesser significance with paternal antecedents. The MCA identified groupings, with positive modalities of variables, largely around boys and paternal antecedents with an impact on girls. This work allowed us to establish a typical profile of children who have developed (or can develop) asthma. They are children with a history of atopy and allergies, mainly of their mothers, who have contracted early bronchitis and probably rhinitis, and who live in an environment with indoor dampness and smoking.

Copyright © 2020 French Society of Pediatrics. Published by Elsevier Masson SAS. All rights reserved.