国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

チリの食品表示と広告法の実施前の食品と環境チリのコホート(FECHIC)の就学前の子供たちによる非栄養性甘味料の消費 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nutr J.2020 Jul;19(1):69. 10.1186/s12937-020-00583-3. doi: 10.1186/s12937-020-00583-3.Epub 2020-07-10.

チリの食品表示と広告法の実施前の食品と環境チリのコホート(FECHIC)の就学前の子供たちによる非栄養性甘味料の消費

Consumption of non-nutritive sweeteners by pre-schoolers of the food and environment Chilean cohort (FECHIC) before the implementation of the Chilean food labelling and advertising law.

  • Carolina Venegas Hargous
  • Marcela Reyes
  • Lindsey Smith Taillie
  • Carmen Gloria González
  • Camila Corvalán
PMID: 32650775 PMCID: PMC7353755. DOI: 10.1186/s12937-020-00583-3.

抄録

背景:

非栄養性甘味料(NNS)の消費は、特に肥満予防政策の文脈で、ますます頻繁になってきています。この研究の目的は、チリの食品表示と広告法の実施前に就学前の子どもたち(4-6歳)の進行中のコホートでのNNSの消費を記述することであった、彼らの消費に関連する社会人口統計学的および人類学的特徴を識別し、各NNSのサブタイプの主な食事のソースを記述します。

BACKGROUND: Consumption of non-nutritive sweeteners (NNS) is becoming increasingly more frequent, particularly in the context of obesity prevention policies. The aim of this study was to describe the consumption of NNS in an ongoing cohort of pre-schoolers (4-6-year-old) before the implementation of the Chilean Food Labelling and Advertising Law, identify sociodemographic and anthropometric characteristics associated with their consumption, and describe the main dietary sources of each NNS sub-type.

方法:

チリ食品環境コホート(FECHIC)の低中所得の959人の未就学児を対象に、24時間のリコールによる食事データを、パッケージ食品から得られたNNS含有情報とリンクさせた(n=12,233)。NNS消費の有病率を食品源別に推定し、小児および母体の社会人口統計学的および人類学的変数によって特徴付けた。チリで最も有病率の高い6つのNNSについて、摂取量と主な食事源が記載された。シクラメートナトリウム、サッカリン、アスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロース、およびステビオール配糖体。

METHODS: In 959 low-medium income pre-schoolers from the Food and Environment Chilean Cohort (FECHIC), dietary data from a single 24-h recall was linked to NNS content information obtained from packaged foods (n = 12,233). The prevalence of NNS consumption was estimated by food source and characterized by child and maternal sociodemographic and anthropometric variables. Intakes and main dietary sources were described for the six most prevalent NNS in Chile: Sodium Cyclamate, Saccharin, Aspartame, Acesulfame Potassium, Sucralose, and Steviol glycosides.

結果:

就学前の児童の68%が、食生活のリコールの日に少なくとも1つのNNSを消費していた;そのほとんどが食品や飲料(n=532)からNNSを消費していたが(n=532)、わずか12%(n=119)だけが卓上甘味料も消費していた。NNSの消費の有病率は、母親が高校を修了していない子供と比較して、母親が高い教育レベルを持っていた子供の間で有意に高かった(p<0.05);しかし、それは研究された他の変数によって異なりませんでした。NNSの摂取量が最も高かったのはアスパルテーム[消費者1人当たり2.5(1.4-3.7)mg/kg]、次いでシクラミン酸ナトリウム[消費者1人当たり1.6(1.3-2.6)mg/kg]、ステビオール配糖体[消費者1人当たり1.2(0.2-2.1)mg/kg]であった。飲料は、調査した6つのNNSの摂取量に寄与した唯一の食品群であり、サッカリンの全体的な摂取量の22%を占め、アスパルテームの摂取量の99%までを占めていた。

RESULTS: Sixty-eight percent of the pre-schoolers consumed at least one source of NNS on the day of the dietary recall; most of them consumed NNS from foods and beverages (n = 532), while only 12% (n = 119) also consumed table-top sweeteners. The prevalence of NNS consumption was significantly higher among children whose mothers had a high educational level compared to children whose mothers did not complete high school (p < 0.05); however, it did not differ by any other variable studied. The highest intakes of NNS were observed for Aspartame [2.5 (1.4-3.7) mg/kg per consumer], followed by Sodium Cyclamate [1.6 (1.3-2.6) mg/kg per consumer] and Steviol glycosides [1.2 (0.2-2.1) mg/kg per consumer]. Beverages were the only food group that contributed to the intake of the six NNS studied, accounting for 22% of the overall intake of Saccharine and up to 99% of Aspartame intake.

結論:

食品表示と広告法の実施前に、NNSの消費は、低中所得のチリの就学前の子供たちのコホートの間で非常に普及していた。NNSの消費量の継続的なモニタリングは、肥満防止政策のこのセットの実装に関連付けられている潜在的な食品の改革を与えられた不可欠である。

CONCLUSIONS: Before the implementation of the Food Labelling and Advertising Law, NNS consumption was highly prevalent among a cohort of low-middle income Chilean pre-schoolers. Continuous monitoring of NNS consumption is essential given potential food reformulation associated with the implementation of this set of obesity-prevention policies.