国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

カナダ全土における検眼サービスの地理的利用可能性:分布、ニーズ、自己申告による利用のマッピング | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Health Serv Res.2020 Jul;20(1):639. 10.1186/s12913-020-05499-6. doi: 10.1186/s12913-020-05499-6.Epub 2020-07-10.

カナダ全土における検眼サービスの地理的利用可能性:分布、ニーズ、自己申告による利用のマッピング

Geographic availability to optometry services across Canada: mapping distribution, need and self-reported use.

  • Tayyab Shah
  • Stephan Milosavljevic
  • Brenna Bath
PMID: 32650762 PMCID: PMC7350740. DOI: 10.1186/s12913-020-05499-6.

抄録

背景:

この研究では、カナダにおける検眼医の分布を、人口の健康ニーズと自己申告による視力サービスの利用に関連して調査しています。

BACKGROUND: This research investigates the distribution of optometrists in Canada relative to population health needs and self-reported use of vision services.

方法:

検眼医の所在地は州の規制機関から収集した。次に、人口に対する検眼医の数の比率(保健地域レベルでの人口 1 万人当たりの検眼医の数)を算出した。視力ケアサービスの利用率は、カナダ地域保健調査(CCHS)の2013-2014年の質問から抽出したもので、検眼士または眼科医との自己申告による接触に関するものである。2016年カナダ統計局(Statistics Canada)国勢調査のデータを使用して、3つの「ニーズ」サブグループ(65歳以上、低所得者、高校卒業資格未満の15歳以上)を作成しました。ニーズに関連して、検眼士の分布と自己申告による視力ケアサービスの利用を比較するために、クロスクラス化マッピングを行った。各変数を標準偏差(SD)分類法を用いて 3 つのクラス(低、中、高)に変換し、平均値から±0.5SD をカットオフとしました。低(< -0.5SD)、中等度(-0.5~0.5SD)、および高(>0.5SD)の3つのクラスが、健康地域全体での各変数の分布を示すために使用された。

METHODS: Optometrist locations were gathered from provincial regulatory bodies. Optometrist-to-population ratios (i.e. the number of providers per 10,000 people at the health region level) were then calculated. Utilization of vision care services was extracted from the Canadian Community Health Survey (CCHS) 2013-2014 question regarding self-reported contacts with optometrists or ophthalmologists. Data from the 2016 Statistics Canada census were used to create three population 'need' subgroups (65 years and over; low-income; and people aged 15 and over with less than a high school diploma). Cross-classification mapping compared optometrist distribution to self-reported use of vision care services in relation to need. Each variable was converted into three classes (i.e., low, moderate, and high) using a standard deviation (SD) classification scheme where ±0.5SD from the mean was considered as a cut-off. Three classes: low (< - 0.5SD), moderate (- 0.5 to 0.5SD), and high (> 0.5SD) were used for demonstrating distribution of each variable across health regions.

結果:

この分析には、カナダの10州の計5959人の検眼士が含まれている。検眼士の全国的な分布はカナダ全土で変動しており、主に都市部に集中している。全国平均の検眼士の比率は、人口1万人当たり1.70人(範囲0.13~2.92)であった。109の健康地域(HR)のうち、26の地域が低比率、51の地域が中程度、32の地域が高比率に分類された。利用率が低いHRは35、中程度のHRは39、高いHRは32であった。眼科医療の利用率に対する検眼医の比率が低く、主要な社会統計学的特徴(高齢者、低所得など)の割合が高いHRをカナダ全土に配置し、検眼サービスの必要性が高い地域を示す地図を用いて特定した。

RESULTS: A total of 5959 optometrists across ten Canadian provinces were included in this analysis. The nationwide distribution of optometrists is variable across Canada; they are predominantly concentrated in urban areas. The national mean ratio of optometrists was 1.70 optometrists per 10,000 people (range = 0.13 to 2.92). Out of 109 health regions (HRs), 26 were classified as low ratios, 51 HRs were classified as moderate ratios, and 32 HRs were high ratios. Thirty-five HRs were classified as low utilization, 39 HRs were classified as moderate, and 32 HRs as high utilization. HRs with a low optometrist ratio relative to eye care utilization and a high proportion of key sociodemographic characteristics (e.g. older age, low income) are located throughout Canada and identified with maps indicating areas of likely greater need for optometry services.

結論:

この研究は、検眼士が提供する視力ケアの全国的な概要を提供するもので、「供給」と「ニーズ」の要因に関連して、地理的な利用可能性の格差を明らかにするものである。この調査は、検眼士サービスへのアクセス性のばらつきを調べることで、労働力の計画と政策を伝えるのに役立つだろう。

CONCLUSION: This research provides a nationwide overview of vision care provided by optometrists identifying gaps in geographic availability relative to "supply" and "need" factors. This examination of variation in accessibility to optometric services will be useful to inform workforce planning and policies.