会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

多様な9カ国の肥満およびII型糖尿病を持つ成人の食生活を探る。食事摂取量、パターン、質 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nutrients.2020 Jul;12(7). E2027. doi: 10.3390/nu12072027.Epub 2020-07-08.

多様な9カ国の肥満およびII型糖尿病を持つ成人の食生活を探る。食事摂取量、パターン、質

Exploring the Diets of Adults with Obesity and Type II Diabetes from Nine Diverse Countries: Dietary Intakes, Patterns, and Quality.

  • Jade Willey
  • Marian Wakefield
  • Heidi J Silver
PMID: 32650448 DOI: 10.3390/nu12072027.

抄録

背景:

カロリーの高い食事は、肥満と2型糖尿病(T2DM)の世界的な流行の主な原因となっている。様々な食事戦略や食事パターンは、リスクの低減や血糖コントロールの改善に効果的であるが、食事の摂取量や食事の質については、母国の環境で生活している人の間では十分な研究が行われていない。また、多様な民族、文化、地域の集団の食事パターンについては、ほとんど発表されていない。

BACKGROUND: Calorie-dense diet is a main driver of the global epidemics of obesity and type 2 diabetes (T2DM). While various dietary strategies and patterns are efficacious in reducing risk and improving glycemic control, dietary intake and diet quality have been inadequately studied among individuals who remain living in their native environments. There is also little published on dietary patterns of diverse ethnic, cultural, or regional populations.

目的:

様々な国の肥満およびT2DMを持つ成人の食事摂取量、パターン、および全体的な食事の質を調査することを目的とした。我々は、共通の臨床表現型(年齢、BMI、T2DM診断からの年数、不十分な血糖コントロール)を持つ個人は、地理的な地域や文化の違いにもかかわらず、同等の高カロリーの「西洋的な」食事パターンと食事の質の低さを示すだろうという仮説を立てた。

OBJECTIVE: To explore dietary intakes, patterns and overall diet quality in adults with obesity and T2DM from diverse countries. We hypothesized that individuals sharing a common clinical phenotype (age, BMI, years since T2DM diagnosis and inadequate glycemic control) would demonstrate comparable high calorie "western" dietary patterns and low diet quality despite differences in geographic regions and cultures.

デザイン:

アルゼンチン、ドイツ、ポーランド、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、トルコ、米国の成人611人の食事データを3回の24時間食事リコールで取得した。14の主要な食品群への168の食品の寄与は、スピアマンの順位相関と主成分因子分析によって確認された食事のパターンが同定された。食事の質はHealthy Eating Index 2015を用いて評価された。

DESIGN: Diet data were acquired from 611 adults in Argentina, Germany, Poland, Serbia, Slovakia, Slovenia, Spain, Turkey and the USA via three 24-h diet recalls. Contribution of 168 foods to 14 primary food groups was confirmed by Spearman's rank-order correlations and Principle Component Factor Analysis identified dietary patterns. Diet quality was assessed using the Healthy Eating Index 2015.

結果:

11の食生活パターンが抽出された;最も多かったのは、6カ国で共有されている「地中海風」パターンと5カ国で共有されている「カロリー密度の高い」パターンであった。また、「ラクト・ベジタリアン」、「ペスコ・ベジタリアン」、「ビーガン」のパターンも共通していた。食生活の質が良い(HEI-2015スコア>80)被験者は2.1%のみであった。

RESULTS: Eleven dietary patterns were extracted; the most common were a "Mediterranean-like" pattern shared by six countries and a "Calorie Dense" pattern shared by five countries. Also common were "Lacto-Vegetarian, "Pesco-Vegetarian," and "Vegan" patterns. Only 2.1% of subjects had good diet quality (HEI-2015 score >80).

結論:

食事パターンのデータは、より伝統的な地域固有の食事の影響が残っていることを示唆している。しかし、全体的な食生活の質は悪く、高カロリー・低栄養の食品を過剰に摂取していることが原因で、不十分な血糖コントロールに寄与している可能性があり、これは利用可能な食糧供給のグローバルな移行に関連している可能性がある。

CONCLUSIONS: The diet pattern data suggest that influences of more traditional region-specific diets remain. However, overall diet quality was poor and may contribute to inadequate glycemic control, possibly due to excess intake of high calorie/nutrient poor foods, which may be associated with global transitions occurring in the available food supply.