会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ヒト細胞におけるDNA損傷応答の遺伝地図 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cell.2020 Jul;S0092-8674(20)30673-5. doi: 10.1016/j.cell.2020.05.040.Epub 2020-07-09.

ヒト細胞におけるDNA損傷応答の遺伝地図

A Genetic Map of the Response to DNA Damage in Human Cells.

  • Michele Olivieri
  • Tiffany Cho
  • Alejandro Álvarez-Quilón
  • Kejiao Li
  • Matthew J Schellenberg
  • Michal Zimmermann
  • Nicole Hustedt
  • Silvia Emma Rossi
  • Salomé Adam
  • Henrique Melo
  • Anne Margriet Heijink
  • Guillermo Sastre-Moreno
  • Nathalie Moatti
  • Rachel K Szilard
  • Andrea McEwan
  • Alexanda K Ling
  • Almudena Serrano-Benitez
  • Tajinder Ubhi
  • Sumin Feng
  • Judy Pawling
  • Irene Delgado-Sainz
  • Michael W Ferguson
  • James W Dennis
  • Grant W Brown
  • Felipe Cortés-Ledesma
  • R Scott Williams
  • Alberto Martin
  • Dongyi Xu
  • Daniel Durocher
PMID: 32649862 DOI: 10.1016/j.cell.2020.05.040.

抄録

DNA 損傷に対する応答は、細胞の恒常性維持、腫瘍抑制、免疫、配偶子形成に重要である。ヒト細胞における DNA 損傷応答の偏りのないグローバルな見解を提供するために、我々は網膜色素上皮-1 (RPE1) 細胞株を用いて 27 種類の遺伝毒性物質に対する CRISPR-Cas9 スクリーンを 31 回実施した。これらのスクリーニングにより、890個の遺伝子が欠損することで、DNA損傷剤に対する感受性または抵抗性を引き起こす遺伝子が同定された。このデータセットを用いて、ERCC6L2(骨髄不全症候群で変異している)が非相同末端結合経路因子をコードしていること、RNAポリメラーゼIIの構成要素ELOF1が転写阻害剤に対する応答を調節していること、G-四重鎖リガンドであるピリドスタチンの細胞毒性はトポイソメラーゼIIをDNA上にトラップすることに関係していることを明らかにした。このDNA損傷応答のマップは、この基本的な細胞システムを研究するための豊富なリソースを提供し、がん治療における遺伝毒性薬剤の開発と使用に意味を持つ。

The response to DNA damage is critical for cellular homeostasis, tumor suppression, immunity, and gametogenesis. In order to provide an unbiased and global view of the DNA damage response in human cells, we undertook 31 CRISPR-Cas9 screens against 27 genotoxic agents in the retinal pigment epithelium-1 (RPE1) cell line. These screens identified 890 genes whose loss causes either sensitivity or resistance to DNA-damaging agents. Mining this dataset, we discovered that ERCC6L2 (which is mutated in a bone-marrow failure syndrome) codes for a canonical non-homologous end-joining pathway factor, that the RNA polymerase II component ELOF1 modulates the response to transcription-blocking agents, and that the cytotoxicity of the G-quadruplex ligand pyridostatin involves trapping topoisomerase II on DNA. This map of the DNA damage response provides a rich resource to study this fundamental cellular system and has implications for the development and use of genotoxic agents in cancer therapy.

Copyright © 2020 Elsevier Inc. All rights reserved.