国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

慢性鼻副鼻腔炎と旧内眼窩壁骨折を合併した患者における内視鏡下副鼻腔手術後の眼球運動制限の遅延 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Craniofac Surg.2020 Jul;doi: 10.1097/SCS.0000000000006718.Epub 2020-07-03.

慢性鼻副鼻腔炎と旧内眼窩壁骨折を合併した患者における内視鏡下副鼻腔手術後の眼球運動制限の遅延

Delayed Ocular Motility Restriction After Endoscopic Sinus Surgery in a Patient With Chronic Rhinosinusitis and an Old Medial Orbital Wall Fracture.

  • Jung Suk Kim
  • Gyo Han Bae
  • Jung Dae Kim
  • Woong Jae Noh
PMID: 32649547 DOI: 10.1097/SCS.0000000000006718.

抄録

複視や眼球運動制限などの内視鏡下副鼻腔手術の眼窩合併症は、主に眼窩構造の直接的な損傷によって引き起こされます。これらの合併症はまれですが、致命的な結果をもたらすことがあります。症状はほとんどの場合、手術直後に起こる。著者らは、内視鏡的副鼻腔手術後の眼球運動制限の遅延が、手術中に眼窩に直接損傷を受けていない旧内壁骨折の患者で認められた珍しい症例に遭遇した。右眼窩内壁骨折を有する77歳の男性が慢性パンシナプス炎のために内視鏡下副鼻腔手術を受けた。2週間後に軽度の右側方視線複視を訴えたが,徐々に悪化した.2ヶ月後に右眼に重度の側方注視運動障害を呈し,最終的に外科的検査を行った.肥大した篩骨洞粘膜と眼窩周囲組織を癒着させたところ、症状は改善した。著者らは、この異常な症例を報告し、眼球運動制限の原因となる可能性のある機序について考察した。

The orbital complications of endoscopic sinus surgery, including diplopia and ocular motility restriction, are mainly caused by direct injury to the orbital structures. These complications are rare, but can have catastrophic consequences. Symptoms occur immediately after surgery in most cases. The authors encountered an unusual case of delayed ocular motility restriction after endoscopic sinus surgery in a patient with old medial wall fracture, without direct orbital injury during the procedure. A 77-year-old man with an old medial wall fracture of the right orbit underwent endoscopic sinus surgery for chronic pansinusitis. He complained mild diplopia on right lateral gaze after 2 weeks, which gradually worsened. After 2 months, he exhibited severe lateral gaze movement impairment in the right eye and finally underwent surgical exploration. His symptoms improved after adhesiolysis of the overgrown ethmoid sinus mucosa and periorbital tissue. The authors reported this unusual case and discussed the possible mechanism underlying ocular motility restriction.