国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

前立腺肥大症患者に対する漢方薬(VGHBPH0)の効果:パイロット試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Chin Med Assoc.2020 Jun;doi: 10.1097/JCMA.0000000000000384.Epub 2020-06-22.

前立腺肥大症患者に対する漢方薬(VGHBPH0)の効果:パイロット試験

The effects of a Chinese herbal medicine (VGHBPH0) on patients with benign prostatic hyperplasia: A pilot study.

  • Hsin-Fu Yeh
  • Tsai-Feng Li
  • Cheng-Hung Tsai
  • Pei-Wen Wu
  • Yi-Hsiu Huang
  • William J Huang
  • Fun-Jou Chen
  • Shinn-Jang Hwang
  • Fang-Pey Chen
  • Ta-Peng Wu
PMID: 32649417 DOI: 10.1097/JCMA.0000000000000384.

抄録

背景:

良性前立腺肥大症(BPH)に対する現在の西洋医学的治療の選択肢には、様々な程度の文書化された有効性がある。しかし、これらの介入の用途は特定の患者集団に限定されていたり、患者の生活の質を阻害する特定の副作用を有していたりする。本研究では、前立腺肥大症患者に対する漢方薬(CHM)の臨床効果を評価した。

BACKGROUND: The current Western medicine treatment options for benign prostatic hyperplasia (BPH) have various degrees of documented effectiveness. However, the uses of these interventions are limited to specific patient populations or have certain side effects that interfere with patient quality of life. This study evaluated the clinical effects of a Chinese herbal medicine (CHM) on patients with BPH.

方法:

本試験は単群パイロット試験である。20名のBPH患者が登録され、調査対象のCHMを1日3回8週間、西洋薬と一緒に服用することが求められた。患者は予定通りに診療所に戻り、漢方薬の国際前立腺症状スコア(IPSS)、加齢男性症状スコア(AMS)、国際勃起機能指標(IIEF)、体質質問票(BCQ)を記入した。また、尿流計と超音波検査を用いて、ベースラインから試験終了時までの尿流速度と排尿後の残尿量の変化を評価した。

METHODS: This was a single-arm pilot study. 20 BPH patients were enrolled, and they were required to take the investigated CHM 3 times a day for 8 weeks, along with their Western medicine. Patients returned to clinics as scheduled and completing international prostate symptoms scores (IPSS), aging male symptoms score (AMS), international index of erectile function (IIEF) and body constitution questionnaire (BCQ) of traditional Chinese medicine. uroflowmetry and sonography were also applied to evaluate the changes in urinary velocity and post-voiding residual urine volume from the baseline to the end of the study.

結果:

CHM投与8週間後の平均IPSS合計スコアは2.5ポイント有意に低下した(17.5→15.0、p=0.03)。また、平均IPSS空位サブスコアは1.7ポイント減少し(10.1→8.4、p=0.02)、平均不完全空位サブスコアは0.8ポイント減少し(2.9→2.1、p=0.02)、いずれも統計学的に有意な減少であった。また、排便後の残尿量の減少傾向も観察された(52.9ccから30.8cc、p=0.07)。

RESULTS: The mean IPSS total score was significantly decreased by 2.5 points after 8 weeks of treatment with the CHM (from 17.5 to 15.0, p=0.03). The mean IPSS voiding subscore was decreased by 1.7 points (from 10.1 to 8.4, p=0.02), and the mean incomplete emptying subscore was decreased by 0.8 points (from 2.9 to 2.1, p=0.02), with both decreases being statistically significant. A descending trend in the post-voiding residual urine volume was also observed (from 52.9cc to 30.8cc, p=0.07).

結論:

本試験は,CHMの追加投与(VGHBPH0)がBPH患者の下部尿路症状改善のための可能性を示唆するものであった。

CONCLUSION: This trial indicated that the add-on CHM treatment (VGHBPH0) might be a potential treatment for improving the lower urinary tract symptoms of BPH patients.