国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

3Dプリンティング技術を用いたブラウント病患者の二重レベル骨切り術。症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
JBJS Case Connect.2020 Apr-Jun;10(2):e0477. 01709767-202006000-00047. doi: 10.2106/JBJS.CC.19.00477.

3Dプリンティング技術を用いたブラウント病患者の二重レベル骨切り術。症例報告

Double Level Osteotomy Assisted by 3D Printing Technology in a Patient with Blount Disease: A Case Report.

  • Juan M Gómez-Palomo
  • Stephan Meschian-Coretti
  • José L Esteban-Castillo
  • Juan J García-Vera
  • Elvira Montañez-Heredia
PMID: 32649128 DOI: 10.2106/JBJS.CC.19.00477.

抄録

ケース:

Blount病と診断された26歳の患者の症例を紹介する。彼女は大腿骨遠位部の内側斜角上二分脊椎閉鎖楔状骨切り術を受けた後、脛骨近位部の内側斜角上二分脊椎開放楔状骨切り術を受けた。手技には3Dプリントされた切断ガイドが使用された。術後18ヵ月後の患者は痛みもなく、補助具なしで歩行できるようになった。

CASE: We describe the case of a 26-year-old patient diagnosed with Blount disease. She underwent a medial oblique supracondylar biplanar closing-wedge osteotomy of the distal femur followed by a medial oblique biplanar opening-wedge osteotomy of the proximal tibia. 3D printed cutting guides were used for the procedures. At 18 months after surgery, the patient is pain-free and walks without aids.

結論:

3Dプリントされたガイドを使用することで、変形を正確に矯正することができ、重要な構造物を損傷するリスクを低減することができた。これらのガイドは、ブラウント病患者の外科的治療のための適切な代替手段となる可能性があります。

CONCLUSIONS: Using 3D printed guides allowed for accurate correction of the deformity and reduced the risk of damaging critical structures. These guides could be an appropriate alternative for the surgical treatment of patients with Blount disease.