会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

小児鼻副鼻腔炎治療のための低用量マクロライド。レトロスペクティブ研究と文献レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
SAGE Open Med.2020;8:2050312120933642. 10.1177_2050312120933642. doi: 10.1177/2050312120933642.Epub 2020-06-30.

小児鼻副鼻腔炎治療のための低用量マクロライド。レトロスペクティブ研究と文献レビュー

Low-dose macrolides for treating pediatric rhinosinusitis: A retrospective study and literature review.

  • Kachorn Seresirikachorn
  • Thad Chetthanon
  • Teerapat Suwansirisuk
  • Songklot Aeumjaturapat
  • Supinda Chusakul
  • Jesada Kanjanaumporn
  • Kornkiat Snidvongs
PMID: 32647574 PMCID: PMC7328211. DOI: 10.1177/2050312120933642.

抄録

小児慢性鼻副鼻腔炎(CRS)患者に対する低用量マクロライド(LDM)療法の効果は不明である。本研究では,小児難治性CRSの治療におけるLDMの有効性を評価することを目的とした.カルテレビューによるレトロスペクティブ研究を実施した。2013年から2019年の間に標準的な内科的治療が失敗した後にLDMを受けた小児CRS患者(年齢<15歳)を同定した。任意のマクロライド剤を用いたLDM治療、用量、レジメンを含めた。任意の共同介入を認めた。LDM治療の期間は6週間以上とした。アウトカムは、視覚アナログスケール(TNS)による鼻症状の合計、個々の症状の存在、医師による評価の鼻汁、および有害事象であった。6 例(男性 67%、平均年齢 7±3.4 歳)を評価した。すべての患者は経鼻ステロイドと鼻腔内生理食塩水灌注に失敗していたが、継続していた。LDMの追加によりTNSは有意に改善した(平均差±標準偏差5.83±1.33;95%信頼区間4.44~7.23、p<0.001)。治療終了時に、個々の症状を有する患者の数は減少した:鼻閉(100%-67%)、鼻汁(83%-50%)、鼻汁減少症(50%-0%)、咳嗽(100%-33%)、および医師評価の厚いムコイド排出物(33%-0%)であった。顔面痛を認めた患者はいなかった。1人の患者が軽度の忍容性のある吐き気を報告した。本試験の予備的知見では,標準治療が失敗した小児CRSにおいて,経鼻ステロイドおよび鼻腔内生理食塩水にLDMを添加することで,いくつかの有益な効果が得られた。その結果、鼻腔内ステロイド剤と生理食塩水を併用した小児CRSにおいて、標準治療が失敗した後の鼻腔内ステロイド剤と生理食塩水の併用による効果が認められた。

The effects of low-dose macrolide (LDM) therapy on pediatric chronic rhinosinusitis (CRS) patients are unknown. This study aimed to assess the effectiveness of LDM for treating pediatric refractory CRS. A retrospective study was conducted by a medical chart review. Pediatric CRS patients (age <15 years) who received LDM after standard medical treatments failure between 2013 and 2019 were identified. The LDM treatments with any macrolide agents, doses, and regimens were included. Any co-interventions were allowed. Duration of the LDM therapy was ≥6 weeks. Outcomes were the total nasal symptoms by the visual analogue scale (TNS), presence of individual symptoms, physician-assessment nasal discharge and adverse events. Six patients (67% male, mean age 7±3.4 years) were assessed. All patients had failed to intranasal steroids and nasal saline irrigation but continued. The addition of LDM significantly improved TNS (mean difference ± standard deviation 5.83 ± 1.33; 95% confidence interval 4.44-7.23, p< 0.001). At the end of treatment, the numbers of patients with individual symptoms were decreased: nasal obstruction (100%-67%), rhinorrhea (83%-50%), hyposmia (50%-0%), cough (100%-33%), and physician-assessment thick mucoid discharge (33%-0%). No patients had facial pain. One patient reported mild tolerable nausea. Preliminary findings of this study showed some beneficial effects of LDM added to intranasal steroids and nasal saline irrigation in pediatric CRS after standard treatments failure. The beneficial effects included the improvements of the TNS and individual nasal symptoms and decrease in thick mucoid discharge.

© The Author(s) 2020.