会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

正方かごめ格子反強磁性体中のギャップレススピン液体 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Nat Commun.2020 Jul;11(1):3429. 10.1038/s41467-020-17235-z. doi: 10.1038/s41467-020-17235-z.Epub 2020-07-09.

正方かごめ格子反強磁性体中のギャップレススピン液体

Gapless spin liquid in a square-kagome lattice antiferromagnet.

  • Masayoshi Fujihala
  • Katsuhiro Morita
  • Richard Mole
  • Setsuo Mitsuda
  • Takami Tohyama
  • Shin-Ichiro Yano
  • Dehong Yu
  • Shigetoshi Sota
  • Tomohiko Kuwai
  • Akihiro Koda
  • Hirotaka Okabe
  • Hua Lee
  • Shinichi Itoh
  • Takafumi Hawai
  • Takatsugu Masuda
  • Hajime Sagayama
  • Akira Matsuo
  • Koichi Kindo
  • Seiko Ohira-Kawamura
  • Kenji Nakajima
PMID: 32647219 PMCID: PMC7347939. DOI: 10.1038/s41467-020-17235-z.

抄録

量子スピン液体(QSL)状態の観測は、次世代産業を支える新しいスピントロニクスデバイスの開発とともに、凝縮系物理学の最も重要な目標の一つです。2次元量子スピン系におけるQSLは、幾何学的磁気フラストレーションによるものと考えられており、カゴメ格子がQSLの最も可能性の高い遊び場であると考えられている。本研究では、カゴメ量子反強磁性体であるKCuAlBiO(SO)Clを用いた初めてのQSL状態の実験結果を報告する。磁化率,磁化,熱容量,ミュオンスピン緩和(μSR)及び中性子非弾性散乱(INS)測定による包括的な実験的研究により、基底状態に近い低温でギャップレスQSLが形成されることを明らかにした。このQSLの振る舞いは、最近接交換相互作用を持つフラストレートハイゼンベルグモデルでは十分に説明できず、QSL状態の本質を明らかにするための理論的課題を提供している。

Observation of a quantum spin liquid (QSL) state is one of the most important goals in condensed-matter physics, as well as the development of new spintronic devices that support next-generation industries. The QSL in two dimensional quantum spin systems is expected to be due to geometrical magnetic frustration, and thus a kagome-based lattice is the most probable playground for QSL. Here, we report the first experimental results of the QSL state on a square-kagome quantum antiferromagnet, KCuAlBiO(SO)Cl. Comprehensive experimental studies via magnetic susceptibility, magnetisation, heat capacity, muon spin relaxation (μSR), and inelastic neutron scattering (INS) measurements reveal the formation of a gapless QSL at very low temperatures close to the ground state. The QSL behavior cannot be explained fully by a frustrated Heisenberg model with nearest-neighbor exchange interactions, providing a theoretical challenge to unveil the nature of the QSL state.