会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

大・黄斑枝網膜静脈閉塞症に対するルセンティス点滴静注の有効性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
BMC Ophthalmol.2020 Jul;20(1):274. 10.1186/s12886-020-01544-4. doi: 10.1186/s12886-020-01544-4.Epub 2020-07-09.

大・黄斑枝網膜静脈閉塞症に対するルセンティス点滴静注の有効性

Efficacy of intravitreal Lucentis injection on major and macular branch retinal vein occlusion.

  • Jing Wang
  • Ying Li
  • Shu-Fen Fang
  • Hong Wang
PMID: 32646391 PMCID: PMC7350754. DOI: 10.1186/s12886-020-01544-4.

抄録

背景:

本研究の目的は、大網膜および黄斑部網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)に対するルセンティス注射の有効性を評価することであった。

BACKGROUND: The objective of our study was to assess the efficacy of intravitreal Lucentis injection on major and macular branch retinal vein occlusion (BRVO).

方法:

今回のレトロスペクティブ解析では、フルオレセイン眼底血管造影(FFA)で診断された43名の患者(大規模BRVO n=24、黄斑部BRVO n=19)に対して、Lucentisの体外注射を1+PRNレジメンで行った。"1+PRN"、すなわち、ベースライン時にルセンティスの体外注射を1回行い、その後、患者の状態に応じて継続または中止すること。ベースライン時とフォローアップ(1~6ヶ月)時の観察指標として、最良矯正視力(BCVA)、小房厚(CFT)、黄斑径6mmの網膜総容積を測定した。フォローアップ期間中は、患者の要望に応じて繰り返し注射を行い、注射回数を記録した。

METHODS: In this retrospective analysis, 43 patients (major BRVO n = 24; macular BRVO, n = 19) were treated with intravitreal injection of Lucentis with a 1 + PRN regimen, which is diagnosed by fluorescein fundus angiography (FFA). "1 + PRN", namely, one intravitreal injection of Lucentis at the baseline, and then continue or stop according to the condition of the patient. The following observation indexes were measured at baseline and follow-up (1-6 months): best corrected visual acuity (BCVA), foveal thickness (CFT), total retinal volume with macular diameter of 6 mm. During the follow-up, repeated injections were given according to patients' demand, and the number of injections was recorded.

結果:

BRVO患者の観察指標は、BCVA、CFT、6mm径黄斑部の網膜容積など、ルセンティス投与6ヶ月後にメジャー群、黄斑部群ともに有意に改善した。興味深いことに、両群間で治療効果に有意差が認められ、反復注射回数の少ない大群よりも黄斑部群の方が治療効果が良好であった。

RESULT: The observation indexes of patients with BRVO were significantly improved after 6 months of Lucentis treatment in both major and macular groups, including BCVA, CFT and the retinal volume of the 6 mm-diameter macula. Interestingly, there were significant differences in the therapeutic effect between the two groups, and the macular group had better therapeutic effect than the major group with the less number of repeated injections.

結論:

以上のことから、ルセンティスの体外注射は大・黄斑部枝網膜静脈閉塞症(BRVO)に有効であり、黄斑部サブタイプ群の有効性は大・黄斑部サブタイプ群の方が明らかに改善し、注射回数も少なくて済むことがわかった。

CONCLUSIONS: To sum up, intravitreal injection of Lucentis was effective for both major and macular BRVO, and the efficacy in macular subtype group was better than that in major subtype group with the more obviously improvement and the less number of injections.