会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

に対して有効なのはバルネムリンだけであった.多剤耐性株の2つのグループが優勢で、1つはフルオロキノロン系抗菌薬に感受性を示す | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pathogens.2020 Jul;9(7). E545. doi: 10.3390/pathogens9070545.Epub 2020-07-07.

に対して有効なのはバルネムリンだけであった.多剤耐性株の2つのグループが優勢で、1つはフルオロキノロン系抗菌薬に感受性を示す

in Spanish Cattle Herds: Two Groups of Multiresistant Isolates Predominate, with One Remaining Susceptible to Fluoroquinolones.

  • Ana García-Galán
  • Laurent-Xavier Nouvel
  • Eric Baranowski
  • Ángel Gómez-Martín
  • Antonio Sánchez
  • Christine Citti
  • Christian de la Fe
PMID: 32645913 DOI: 10.3390/pathogens9070545.

抄録

は、肺炎、乳房炎、関節炎を引き起こす重要なウシの病原体であり、世界的に大きな経済的損失をもたらしています。効率的なワクチンがない場合、感染症の制御は主に抗菌薬治療に依存していますが、抵抗性が報告されている国の数が増加しています。スペインでの状況に対応するため、肉牛および乳牛から採取した436検体(2016年~2019年)で検索したところ、28%が陽性であった。配列を用いた単座タイピングの結果、さらに2つのサブタイプST2とST3は、地域や臨床症状に関係なく、肉牛と乳牛の両方でスペインで循環していることが明らかになった。ST2とST3の分離株を抗菌薬の最小阻害濃度(MIC)でモニタリングしたところ、フルオロキノロン(FQL)を使用した場合に1つの大きな違いがあることが明らかになりました。それは、ST2はST3よりも感受性が高いということである。そこで、全ゲノムシークエンシング(WGS)により、ST3分離株のみにキノロン耐性決定領域(QRDR)をコードする領域と領域の変異がさらに同定された。この状況は、ST3がQRDRの変異を蓄積する能力を示しており、これらの抗菌薬の広範な使用によって課される選択的圧力を反映している可能性がある。WGSによるMIC値と突然変異の検出から,スペインの分離株のほとんどがマクロライド,リンコサミド,テトラサイクリンに対して耐性であることが示された.バルネムリンは、少なくともインビトロでは両 STs に対して有効な唯一の抗菌薬でした。

is an important bovine pathogen causing pneumonia, mastitis, and arthritis and is responsible for major economic losses worldwide. In the absence of an efficient vaccine, control of infections mainly relies on antimicrobial treatments, but resistance is reported in an increasing number of countries. To address the situation in Spain, was searched in 436 samples collected from beef and dairy cattle (2016-2019) and 28% were positive. Single-locus typing using sequences further revealed that two subtypes ST2 and ST3, circulate in Spain both in beef and dairy cattle, regardless of the regions or the clinical signs. Monitoring of ST2 and ST3 isolates in a minimum inhibitory concentration (MIC) to a panel of antimicrobials revealed one major difference when using fluoroquinolones (FQL): ST2 is more susceptible than ST3. Accordingly, whole-genome sequencing (WGS) further identified mutations in the and regions, encoding quinolone resistance-determining regions (QRDR) only in ST3 isolates. This situation shows the capacity of ST3 to accumulate mutations in QRDR and might reflect the selective pressure imposed by the extensive use of these antimicrobials. MIC values and detection of mutations by WGS also showed that most Spanish isolates are resistant to macrolides, lincosamides, and tetracyclines. Valnemulin was the only one effective, at least in vitro, against both STs.