会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

終末期の小児における QOL の改善と低下をもたらす医療介入:システマティックレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pediatr. Res..2020 Jul;10.1038/s41390-020-1036-x. doi: 10.1038/s41390-020-1036-x.Epub 2020-07-09.

終末期の小児における QOL の改善と低下をもたらす医療介入:システマティックレビュー

Healthcare interventions improving and reducing quality of life in children at the end of life: a systematic review.

  • Veerle Piette
  • Kim Beernaert
  • Joachim Cohen
  • Nele S Pauwels
  • Anne-Lore Scherrens
  • Jutte van der Werff Ten Bosch
  • Luc Deliens
PMID: 32645707 DOI: 10.1038/s41390-020-1036-x.

抄録

背景:

重い病気を持つ子どもたちは、人生の終わりに症状に悩まされているが、その症状が緩和されないことが多い。終末期の重症児のQOL(Quality of Life:生活の質)を改善・低下させる医療介入の概要が求められている。

BACKGROUND: Children with serious illness suffer from symptoms at the end of life that often fail to be relieved. An overview is required of healthcare interventions improving and decreasing quality of life (QOL) for children with serious illness at the end of life.

方法:

言語制限なしで、2000年1月から2018年7月までの5つのデータベースでシステマティックレビューを実施した。レビュアーは、重篤な疾患を持つ1~17歳の小児を対象に、ヘルスケア介入、例えば投薬や治療、QOLアウトカムまたはQOL関連指標、例えば症状などの定量的な研究を選択した。著者の1人はQualSystとGRADE(Grades of Recommendation, Assessment, Development, and Evaluation)フレームワークを用いてアウトカムを評価したが、2人の著者は25%のサンプルをチェックした。QOLの改善または減少を分類した。

METHODS: A systematic review was performed in five databases, January 2000 to July 2018 without language limit. Reviewers selected quantitative studies with a healthcare intervention, for example, medication or treatment, and QOL outcomes or QOL-related measures, for example, symptoms, for children aged 1-17 years with serious illness. One author assessed outcomes with the QualSyst and GRADE (Grades of Recommendation, Assessment, Development, and Evaluation) Framework; two authors checked a 25% sample. QOL improvement or reduction was categorized.

結果:

20のユニークな介入を研究している36件の研究が適格基準を満たしていた。デザインは、ランダム化比較試験1件、横断研究1件、およびコホート研究34件であった。ランダム化比較試験では、患者が報告した症状モニタリングががん患者のQOLを有意に増加させた。デクスメデトミジン、メタドン、換気、胸膜穿刺、緩和ケアはQOLの改善と有意に関連し、化学療法、幹細胞移植、および入院はQOLの低下とコホート研究で有意に関連していた。

RESULTS: Thirty-six studies met the eligibility criteria studying 20 unique interventions. Designs included 1 randomized controlled trial, 1 cross-sectional study, and 34 cohort studies. Patient-reported symptom monitoring increased QOL significantly in cancer patients in a randomized controlled trial. Dexmedetomidine, methadone, ventilation, pleurodesis, and palliative care were significantly associated with improved QOL, and chemotherapy, stem cell transplant, and hospitalization with reduced QOL, in cohort studies.

結論:

患者が管理する症状フィードバック、専任の実践的支援を伴う集学的緩和ケアチーム、吸入療法、適応外の鎮静薬の使用は、QOLを改善する可能性がある。治療的療法はQOLを低下させる可能性がある。

CONCLUSIONS: Use of patient-controlled symptom feedback, multidisciplinary palliative care teams with full-time practical support, inhalation therapy, and off-label sedative medication may improve QOL. Curative therapy may reduce QOL.

インパクト:

終末期の小児のQOLは、患者が管理する症状のフィードバック、常勤の実践的支援を伴う集学的緩和ケアチーム、吸入療法、適応外の鎮静薬により改善される可能性がある。現在、しばしば失敗している終末期の小児のQOL管理を向上させるための現在のエビデンスの包括的な概要。様々な医療介入(上記のように)が可能性があるか、または人生の終わりに、がんなどの重篤な病気を持つ子供のためのQOL管理の救済を提供するためのツールとして採用される可能性があり、したがって、この集団でしばしば失敗したQOL管理を制限するために小児科医の終末期のトレーニングで議論される可能性があり、個々のケースのためのワンサイズフィットオールのアプローチを洞窟します。集学的チームの努力と24/7の存在、特に親のための実践的なサポートは、終末期に重篤な疾患を持つ子供のための効果的な緩和ケアチームの介入を特徴づけるかもしれない、部分的に親のそれに子供の幸福との間の共同調節リンクを示唆している仮説指向の研究は、特に終末期に遺伝的または神経学的障害などの非悪性疾患を持つ子供のために、介入研究のためのQOLアウトカムと心理社会的または精神的アウトカムと同様に必要とされています。

IMPACT: QOL for children at the end of life may be improved with patient-controlled symptom feedback, multidisciplinary palliative care teams with full-time practical support, inhalation therapy, and off-label sedative medication.QOL for children at the end of life may be reduced with therapy with a curative intent, such as curative chemotherapy or stem cell transplant.A comprehensive overview of current evidence to elevate currently often-failing QOL management for children at the end of life.New paradigm-level indicators for appropriate and inappropriate QOL management in children at the end of life.New hypotheses for future research, guided by the current knowledge within the field.Various healthcare interventions (as described above) could or might be employed as tools to provide relief in QOL management for children with serious illness, such as cancer, at the end of life, and therefore could be discussed in pediatrician end-of-life training to limit the often failed QOL management in this population, cave the one-size-fits-all approach for individual cases.Multidisciplinary team efforts and 24/7 presence, especially practical support for parents, might characterize effective palliative care team interventions for children with serious illness at the end of life, suggesting a co-regulating link between well-being of the child partly to that of the parentsHypothesis-oriented research is needed, especially for children with nonmalignant disorders, such as genetic or neurological disorders at the end of life, as well as QOL outcomes for intervention research and psychosocial or spiritual outcomes.